「こいつ、勘違いしている」と思われる女子の仕草9パターン


女子が「男子にモテそうと思ってやっている仕草」のなかには、実は、「それ、かわいくねぇから!」と男子をイラッとさせるものがあるようです。では、どんなものが男子に不評なのでしょうか。今回は『スゴレン』男性読者への調査を元に「『こいつ、勘違いしている』と男子がカンにさわる女子の仕草9パターン」を紹介します。

  • 【1】話しながら常に髪の毛をクルクルといじりまくる

    「不潔っぽくない?」(10代男性)というように、女子が意味なく髪の毛を触る行為に、男子は不快感を覚えるようです。同じ髪を利用したアピールなら、前髪をすっとかきあげる、横髪を耳にかける、後れ毛を整えるなどであれば、男子の心にぐっときそうです。

  • 【2】何かあるとすぐに口をとがらせてアヒル口を作る

    「猫も杓子もガーガーガー」(10代男性)と、「マスコミが作り上げた可愛い仕草」を真似る女子を小バカにする男子もいます。どうしてもやりたいのなら「グワッグワッ」とアヒルになりきるくらいの覚悟で臨めば、男子から「面白い奴」と好感を持たれるかもしれません。

  • 【3】あごに手を当てて「うーん」と言いながら首をかしげる

    「キモい」(10代男性)など、典型的な「ぶりっこ」は男子に厳しい目で見られそうです。ある程度気心が知れた仲なら「あばたもえくぼ」ですが、これからじっくり攻めていきたい男子には逆効果なので、自然体で自分をアピールするのがよいでしょう。

  • 【4】失敗をしたときなどにペロッと舌を出し、エヘッと笑う

    「鏡を見てこい!」(20代男性)と、自分を可愛らしく演出しようとする女子に、男子からは「喝」が飛んできそうです。何かミスをしたときは、笑ってごまかすよりも、顔を真っ赤にして照れるほうが、男子にはいじらしく映りそうです。

  • 【5】階段をぴょんぴょんと跳ねながら駆けあがる

    「お前、いくつだよ…」(20代男性)など、子どもっぽい行動に呆れ気味の男子もいるようです。中には「天真爛漫な子だなぁ」と好意的に受け止めてくれる男子もいそうですが、人によっては単なる頭の弱い女子と思われるリスクもあることを頭に入れておきましょう。

  • 【6】驚いた顔をするときに必要以上に目を大きく見開く

    「これはイタ過ぎ」(20代男性)など、わざとらしい仕草に頭を抱える男子もいるようです。一歩間違えると「安っぽい三流役者みたい」と陰で笑い者になる可能性もあるので、大袈裟なリアクションは控えておきたいものです。

  • 【7】軽く頬杖を付きながら、上目遣いで見つめてくる

    「色っぽいとでも思ってるのかねぇ」(30代男性)と、一昔前のトレンディドラマに出てくるような仕草に少々食傷気味の男子もいるようです。また上目遣いは、人によっては三白眼になって怖いだけなので、一度自分の顔をチェックしておくとよいかもしれません。

  • 【8】椅子に座っているときに足をぶらぶらさせる

    「だらしない」(10代男性)など、行儀の悪さを感じさせる女子に批判的な男子もいるようです。同じ座るのでも、きちっと膝を揃えてスッと斜めに流したり、美しく組んだりすれば、男子は脚線美を感じるようです。つねに足には緊張感を持たせておくとよいでしょう。

  • 【9】胸元が開いた洋服のときに胸の谷間が見えるように前屈みになる

    「お前のなんか見たくない。何アピールしてんの?」(20代男性)と、豊満な胸を強調する女子に、「はしたない!」と軽く怒りを覚える男子もいるようです。男子は意外と天の邪鬼なので、ドキッとさせるには「見えそうで見えないチラリズム」を意識するとよさそうです。

ほかにも、男子から聞いた、あるいは、同性から見ても「勘違いしている女子の仕草」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock