飲食店で、お会計のときに「面倒くさい女だな」と思われる行動9パターン


男性との食事では、「お会計」をめぐるやりとりが恋路を左右することがあります。奢ろうとする男性の気遣いに対し、ショボい振る舞いしか返せない大根女優は、恋愛という舞台において脇役に配置されかねません。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「飲食店で、お会計のときに『面倒くさい女だな』と思われる行動9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】お金を集めているのに、財布を出す素振りを見せない

    「奢られるのが当たり前だと思っているに違いない」(20代男性)など、「金のかかる女」と判断されるパターンです。たとえお金持ちの男性が相手でも、会計時にはバッグから財布を出して支払う気持ちがあることをアピールしておきたいところです。

  • 【2】「食事を奢る」という提案を断固として拒む

    「『借りを作りたくない相手』として敬遠されている」(20代男性)と感じる男性もいるようです。「奢る」という提案は、恋愛感情に関係なく男性が気軽に申し出ているだけの場合が多いので、素直に受け入れてお礼を言ったほうが好印象を残せるでしょう。

  • 【3】支払い直前に「奢って」と言われる

    「相手から催促されると奢りたくなくなる」(10代男性)など、がっついた姿勢のせいで相手の「奢りたい」という気持ちが萎えてしまうこともあるようです。支払い直前ではなく、デートを約束するときの段階で、冗談半分で「奢って」と伝えるなどの工夫が必要でしょう。

  • 【4】「味がイマイチなくせに高いよね」と、文句を言う

    「ご馳走したのに、料理の文句を言うなんて何様だよ!」(30代男性)など、自分の意見を率直に言ってしまうことで失敗するパターンです。料理に対する不満は我慢し、奢ってもらったことに対する感謝の気持ちを伝えて男性を満足させてあげましょう。

  • 【5】急にトイレに行って、しばらく戻ってこない

    「払っとけってこと?」(20代男性)など、相手の男性にプレッシャーを与えかねません。お会計のタイミングでトイレに行きたいときは、「ひとりいくらぐらいかな?」と聞くなど、支払う意思があることを示しておくと良いでしょう。

  • 【6】「あれ、財布がなーい」と、とぼけた顔をする

    「演技がしらじらしい!」(30代男性)など、バレバレな演技のせいで男性が興ざめしてしまうパターンです。大人が「財布を忘れる」のは、演技でもリアルでも痛いので避けたいところです。もし本当に忘れた場合は「次は私が奢ります」と伝えましょう。

  • 【7】1円単位で割り勘を強要してくる

    「しっかり者を通り越して、ちょっと細か過ぎでは?」(20代男性)と、面倒くさい性格だと思われるリスクがあります。男性が多く支払うことを主張している場合は、お礼を言って応じるなど融通が利くところをアピールしておきましょう。

  • 【8】店員に「ごちそうさまです」を言わずに店を出る

    「人に対する思いやりがない人に見える」(30代男性)など、店員に対する態度で印象が悪くなるパターンです。奢られる場合でも、自分がお金を出す場合でも、店員に「ごちそうさまです」と言ってから店を出るようにしましょう。

  • 【9】奢ってもお礼を言わない

    「少しは感謝されないと損した気分になる」(20代男性)など、奢ったあとに女性からのお礼の一言を期待している男性もいるようです。多少オーバーな笑顔を作って「ありがとうございました!」と伝えれば、次回も気持ち良く奢ってもらえるかもしれません。

「飲食店で、お会計のときに『面倒くさい女だな』と思われる行動」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock