男性に言うと「幼稚すぎ…」と引かれてしまう恋愛観9パターン


恋愛で経験と失敗を重ねた大人の男性には、「面倒くさい女」を察知するレーダーが備わっているものです。どんなにキレイな女性でも、ささいな恋愛トークをきっかけに「価値観が合わない」と思ったらテンションが急降下するかもしれません。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「男性に言うと『幼稚すぎ…』と引かれてしまう恋愛観」をご紹介いたします。

  • 【1】人間性は二の次だと言いたげな「私ってメンクイなんだ」

    「堂々と言うほど立派な恋愛観じゃない」(20代男性)など、ルックス重視宣言は「浅い」と受け取られてしまいます。「どの面下げて言ってんだ?」(10代男性)と反感を買う可能性もあるので、「もちろん性格も大事だけど」とフォローしておきたいところです。

  • 【2】本気の恋愛を知らなそうな「ウチって恋愛が1ヶ月以上続かない人なの」

    「過去の恋愛から何も学んでいなそう」(10代男性)など、恋愛が長続きしないことを悪びれずに言うと要注意人物として警戒されてしまいます。飽き性で幼稚な女性だと見られないよう、「次は本気で好きになるまで付き合わない」と慎重さをアピールしておきましょう。

  • 【3】ノリがゲーム感覚な「もうすぐ(付き合って)100日だー!」

    「キミにとって恋愛は『続かせるゲーム』なのか?」(20代男性)と、付き合った日数をカウントする行為は、その目的意識を男性が共感しづらいようです。交際記念日の期間を細かく区切ったり、オリジナルの記念日を設定しまくるようなことも男性を疲れさせるので注意が必要です。

  • 【4】恋愛に憧れを抱いていそうな「ダブルデートがしたいな」

    「少女マンガの世界をマネたいだけじゃね?」(10代男性)など、浮ついた印象を与えるかもしれません。ダブルデート自体が目的だと思われないように、「親友に紹介したい」など、友達も一緒なことが納得できる理由を言うと良いでしょう。

  • 【5】上っ面だけで人を判断しそうな「私はA型で牡羊座の男と相性がいいんだ」

    「占いに恋愛を左右されてそう」(10代男性)など、自分がない姿勢にゲンナリするようです。判断基準が浅はかだと思われないように、占いトークで盛り上がるのは女子会の場だけにした方が良いかもしれません。

  • 【6】自己チューな性格が丸出しな「私と付き合う男はみんな束縛するんだよね」

    「『魔性の女』をアピールしたいのかもしれないけど、ただのワガママ女でしょ」(20代男性)など、男性が監視の目を光らせないといけない女性は、性格に難があると思われてしまうようです。「束縛される=信頼されない人間性」とジャッジする男性もいるので、得意げに話すのは控えましょう。

  • 【7】マトモな恋愛をしていなそうな「ダメな男に惹かれちゃうの」

    「男性の将来性を考慮していなそうで、『若いなー』と思う」(20代男性)と、距離感を抱く男性もいるようです。変な誤解を避けるため「仕事はちゃんとしている人がいい」と、あくまでも一般的な幸せに向かっていることをアピールしておきましょう。

  • 【8】自意識過剰な「日本の男はダメ! 韓国人と結婚したい」

    「君の基準で日本の男を全否定するな!」(20代男性)と、韓流にはまり過ぎた結果、すべての日本男児を敵に回す可能性があります。自分を磨く努力をしているという自負がない限り、安易に「いい男がいない」という発言を漏らさないようにしましょう。

  • 【9】極論すぎる「仕事と私、どっちが大事なの?」

    「比べられるものじゃないんですけど」(20代男性)というように、理不尽な質問だと思われてしまうようです。二者択一の質問で男性の気持ちを測るのではなく、素直に「仕事に熱中しすぎで寂しいな」と言った方が気持ちを理解してもらえるでしょう。

「『幼稚すぎ…』と引いてしまう恋愛観」には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock