「若気の至り」で女子が一度は憧れてしまう男性9パターン


誰でも、若さゆえにベタな相手に好意を持ってしまうことがあります。本気の恋ではないのに、勘違いからのめり込んでしまったら大変! そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『若気の至り』で女子が一度は憧れてしまう男性」をご紹介します。

  • 【1】学年イチ成績がいい「頭脳明晰な同級生」

    「頭がいいってだけでカッコよく見えたなぁ」(20代女性)と懐かしく思い出す人もいます。特に小中学生のころは、成績優秀、スポーツ万能など、日常生活で目立つ男性がよく見えるものです。目立つものに目を奪われているだけなので、少し冷静になりましょう。

  • 【2】おしゃれなサロンの「美容師」

    「おしゃれな雰囲気なのに気さくに話しかけてくれるから、勘違いしちゃった」(20代女性)という女性もいます。イケメン風の男性に優しくされれば、どんな女性も少なからず嬉しいでしょう。とはいえ、相手は仕事であることを忘れず、期待しすぎないようにしましょう。

  • 【3】白衣が似合う「理科教師」

    「クールな大人って感じで夢中だった(苦笑)」(20代女性)と苦笑いする女性もいます。まだ子どもだからこそ、はじめて接する大人の男性に無条件に憧れてしまうのかもしれません。純粋な「憧れ」であって、恋愛感情ではないということを肝に命じましょう。

  • 【4】小さいころから知っている「近所のお兄さん」

    「マンガっぽいシチュエーションに胸キュン」(20代女性)というように、恋に恋するケースです。たしかに、近所のお兄さんとの恋愛はマンガ的にありがちですが、恋に一番必要なのは相手を思う気持ちです。本当の恋がしたいなら、まずは恋への憧れから卒業しましょう。

  • 【5】勉強を教えてくれた「家庭教師の大学生」

    「何か教えてくれる人ってカッコよく見える」(20代女性)など、男性から何かをレクチャーされる状況に弱い女性は多いようです。自分よりも大人な男性に、頼もしさを感じるのかもしれません。感謝の気持ちと恋をはき違えないようにしましょう。

  • 【6】体育祭で活躍した「応援団の団長」

    「男らしくてドキドキした」(20代女性)という声も多く、体育祭など学校イベントの主役級の男性は、女性の憧れの的といってもよさそうです。とはいえその魅力は、イベント時だけの期間限定。熱に浮かされている可能性を考えましょう。

  • 【7】学校に短期間やってきた「教育実習生」

    「なんかすっごく大人に見えたなぁ(笑)」(20代女性)など、大人の魅力にノックアウトされるケースです。そのうえ短期間しか会えないという期限付きの状況に、グッときてしまうのかもしれません。相手のことをよく知らないという事実を忘れなければ、勘違いせずにすむでしょう。

  • 【8】自分とは住む世界が違う「不良学生」

    「不良がミステリアスに見えたなんて、私も平和だなぁ」(20代女性)と自嘲気味に言う女性もいます。住む世界が違う「不良」は、謎も多く魅力的に見えることがあります。実体を知らずに「実は優しい」などの安易なギャップで恋に落ちないよう、心に予防線を張りましょう。

  • 【9】学校のマドンナ的美女と付き合っている「先輩」

    「彼女にかなわないって状況に燃えた」(20代女性)など、障害があればあるほど恋心が燃え上がってしまうケースです。叶わぬ恋というシチュエーションに憧れる人もいるでしょう。とはいえ、他人の幸せを壊してまで手に入れたい男性なのか、よく考える必要はあるかもしれません。

ほかにも「『若気の至り』でうっかりこんな男性に憧れてしまった」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock