男性が思わず「かわいい」と振り向いてしまうファッション9パターン


男なら、誰だってかわいい女子を見たら視線を奪われてしまうもの。せっかくおしゃれして街を歩くなら、そんな「誰もが振り向くような女子」を目指したいところです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査を参考に、「男性が思わず『かわいい』と振り向いてしまうファッション」をご紹介します。

  • 【1】できれば生脚ではいてほしい「ミニスカート」

    「ミニからのぞく脚が素肌だとかなりドキドキする」(10代男性)というように、ミニスカートはやはり男性からの人気が高いようです。ただし「自分の彼女がほかの男に脚を見られるのはイヤ」という人は多いので、焼きもち焼きの彼氏ができたら、短すぎるスカートは控えたほうがいいかもしれません。

  • 【2】素顔を見てみたくなる「メガネ」

    「『メガネを取った顔が見てみたい』という欲求にかられる」(20代男性)というように、特別な人だけが見ることのできる「女の子の素顔」に興味をそそられてしまう男性は少なくありません。視力がいい人でも、たまには伊達メガネを使ってみてはいかがでしょうか。

  • 【3】脚のラインにドキドキする「スキニージーンズ」

    「細いより、適度に肉がついた脚だと色っぽい」(20代男性)というように、スキニージーンズの女性につい目を奪われる男性は多いようです。脚だけでなく、じつは「お尻の形がよくわかるからドキドキする」という意見もあるので、ヒップアップのエクササイズをがんばれば、より魅力的にスキニーをはきこなせるかもしれません。

  • 【4】女性らしさが際立つ「ワンピース」

    「ベタだけど、白ワンピにとにかく弱い」(20代男性)というように、女性っぽさを引き立たせるアイテムであるワンピースは、男性からの支持が特に高いようです。レギンスなどと重ね着するスタイルよりも、さらりと一枚で着たほうが女らしさを演出できそうです。

  • 【5】上品さが魅力の「カーディガン」

    「春先の薄いカーディガンは清楚に見えて好き。冬はもこもこしてる感じがかわいい」(10代男性)というように、カーディガンは一年中女性らしさを引き立たせてくれるアイテムのようです。ただし毛玉だらけだと、上品な雰囲気が台無しになるので注意しましょう。

  • 【6】年代を問わずかわいらしさが引き立つ「ポニーテール」

    「歩くとピョンピョン揺れて元気な印象」(10代男性)、「うなじが色っぽい」(20代男性)というように、男性にとってポニーテールはたくさんの魅力が詰まった髪型のようです。「髪をまとめるしぐさもたまらない」とのことなので、食事の際などに髪をさっと束ねられるよう、常にヘアゴムを持ち歩くといいでしょう。

  • 【7】ショートパンツに合わせてほしい「黒タイツ」

    「ショートパンツやミニに黒タイツだと、脚がスラッと見える」(20代男性)というように、黒タイツをはいた女性の脚線美に心を奪われる男性は多いようです。大胆なショートパンツと合わせても生脚よりはいやらしくないので、男性にとっては「ほどよくセクシー」なのかもしれません。

  • 【8】ボーイッシュな雰囲気に惹かれる「スニーカー」

    「華奢な女の子がコンバースを履いてると最強」(10代男性)というように、男っぽいアイテムであるスニーカーをあえて履くことで、逆に女性らしさが際立つようです。ただし、スカートと合わせるなど、全体的に女っぽいコーデにまとめることが前提となるでしょう。

  • 【9】サラサラでツヤツヤなのがポイントの「ストレートロング」

    「思わず触ってみたくなる」(30代男性)というように、光輝くロングヘアに弱い男性は多いようです。定期的にトリートメントをするなど普段からのケアはもちろん、きちんとブローする時間を確保できるよう、朝寝坊は避けたいものです。

ほかにはどんなファッションに男性は思わず「かわいい!」と振り向いてしまうのでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock