男性に「干物女?」と疑われてしまう女性の特徴9パターン


世の中には「干物女」と言われる、女子度が低く恋愛に向かない女性がいます。ちょっとした行動からそう誤解されてしまったら大変! そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性に『干物女?』と疑われてしまう女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】いつもマニキュアがはげかけている女性

    「書類を持つ指先は結構目立つ」(20代男性)など、意外にマニキュアを目にする機会は多いようです。色が付いていると、はげている部分は自分が思っている以上に目立つものです。はげかけたら、いっそマニキュアを落として自然な色合いに戻したほうが好印象かもしれません。

  • 【2】メールの返信が極端に遅くて短い女性

    「女っぽい子は、丸一日返事しなかったり『了解です』だけだったりしない!」(20代男性)という証言もあり、メールの返信速度やその内容にも気を抜いてはいけないようです。返信が遅くなったら長めの内容で返す、短い内容で返したい場合は即返信する、など使い分けをしましょう。

  • 【3】休日は基本的にノーメイクの女性

    「偶然会ったときノーメイクだとガッカリ」(20代男性)という声もあり、デート以外の日もある程度メイクをしておくのが女性のたしなみと心得ましょう。アイメイクと口紅だけでもずいぶん印象が違うので、コンビニに行くだけだとしても油断しないことが大切です。

  • 【4】居酒屋に一人で飲みに行く女性

    「なんかオッサン臭くてイヤ(苦笑)」(20代男性)など、若い女性にはハードルの高い「居酒屋で一人飲み」をすることで、干物女のレッテルを貼られてしまうようです。女性が一人で飲むときは「居酒屋」よりもせめて「バー」を選択するようにしましょう。

  • 【5】恋愛を面倒くさがり、合コンに誘われても断る女性

    「彼氏もいないのに絶対合コンに行かない女性は干物っぽい」(20代男性)など、恋愛を面倒くさがっていると「干物女」と判断されてしまうようです。数回に1回は、付き合いだと割りきって合コンの誘いに乗っておいたほうが得策でしょう。

  • 【6】お洒落をしていてもどこか抜けている女性

    「頑張ってお洒落しても、なんか決まらないんだよね(笑)」(20代男性)など、男性はパーティやデートなどハレの日の服装も注目しているようです。自分のセンスに自信がない女性は、お洒落な友達にアドバイスをもらうといいでしょう。

  • 【7】近所ならスウェットで出かける女性

    「彼女がスウェットでコンビニに行ってたらドン引き」(20代男性)など、厳しいご意見もあります。いつもビシッと決めている必要はありませんが、メイクをして、部屋着でない格好で出かける程度には身だしなみに気をつかう必要がありそうです。

  • 【8】料理をしないから台所が異様にピカピカの女性

    「部屋がキレイなのはいいけど、台所がキレイすぎると危険信号」(20代男性)など、明らかに使っていないことがわかる台所は、男性ウケが悪いようです。健康のためにも、週に一度くらいは料理をする習慣をつけましょう。

  • 【9】ムダ毛の手入れが行き届いていない女性

    「しばらく彼氏いないんだろうなと思う」(20代男性)など、手足のムダ毛が手入れされていないと、あらぬ誤解を受けることもあるようです。ムダ毛の手入れは女性の最低限の身だしなみです。常にバッチリ処理した状態をキープしましょう。

ほかにも「こんな行動で干物女と誤解された」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock