男性に「軽い女だな」と思われるLINE・メール9パターン


メールでの積極的なアプローチは、一歩間違えると「軽い女」と誤解される恐れも…。でも、どんなメールが「軽そう」思われるのかを知れば、誤解を避けることができそうです。そこで今回は『スゴレン』の男性読者のみなさんに、どんなメールを受け取ると「軽い女だな」と感じるのか教えていただきました。

  • 【1】「そういうところが好きなんだよね」などと「好き」を多用するメッセージ

    「ちょいちょい『好き』って挟むよねー」(20代男性)というように、さりげなく好意を伝えるつもりでも、度がすぎると軽い印象に感じるようです。本当に好きなところだけに絞って「好き」と伝えたほうが心に残りやすいでしょう。

  • 【2】「友達紹介して!」など彼氏ほしさにガツガツしているメッセージ

    「そんな軽い女に友達を売れるかよ…」(20代男性)というように、手当たり次第メッセージ送って、男をあさっていると誤解されるようです。ただし、1対1の紹介の依頼ではなく、複数で集まるコンパなどのお願いなら、男性も力を貸しやすいかもしれません。

  • 【3】「彼氏と別れたばっかでさみしいんだ」など人恋しさをアピールするメッセージ

    「男がいないとダメなタイプ確定」(20代男性)というように、彼氏が途切れないように男性をとっかえひっかえしていると思われるようです。ただし、「別れたばかり」という内容だけなら、恋人募集中であることをアピールする点で有効でしょう。

  • 【4】ハートマークをたくさん使っているメッセージ

    「ほかの男にも愛想をふりまきまくってそう」(10代男性)というように、誰かれ構わずハートマークを使ったメッセージを送りまくっていると思われるようです。たとえば2、3通に1回にするなど、使用回数を減らしたほうがよさそうです。

  • 【5】「えー! それでそれで?」と冗談で送った下ネタに過剰に反応するメッセージ

    「『そんなに食いつくか…』と実は引く」(20代男性)というように、下ネタにそれほど反応してほしくないのが男の本音のようです。まったく興味がないそぶりをしたほうが、恋愛に対してマジメな印象を与えられるでしょう。

  • 【6】「とりあえず飲みに行かない?」と夜のデートに誘うメッセージ

    「なにが『とりあえず』だよ(笑)尻軽そうだなぁ」(30代男性)というように、夜二人でお酒を飲むことにちゅうちょしないところから「男性関係のだらしなさ」を想像するようです。男性から誘ってくれるまで根気よくメッセージを続けたほうがいいかもしれません。

  • 【7】「今まで何人と付き合ったの?」と交際人数を質問するメッセージ

    「ほとんど付き合ったことないんですけど」(20代男性)というように、恋愛経験の少ない男性は、女性経験を探るような質問をされると、「何人もと寝た軽い女」と思いこむことがあるようです。人数よりも「どんな恋愛をしてきたか」を尋ねたほうがいいでしょう。

  • 【8】「ヒマだから連絡して!」と男性を使ってさみしさを紛らわそうするメッセージ

    「ヒマを潰せるなら誰でもいいんだよね」(20代男性)というように、「さみしい気持ちを男で埋める女」だと思われるのかもしれません。ただし、「さみしいとき、○○君にメッセージしていいかな?」という名指しで特別扱いすれば、こころよく受け入れてくれそうです。

  • 【9】「今度家に遊びに行っていい?」と男性の家に上がろうとするメッセージ

    「それなりの覚悟ある? にしても早すぎん?」(20代男性)というように、「簡単に男の部屋に上がる女」という印象を与えてしまうようです。メールでは家に誘われても断るくらいのスタンスのほうが、結果的に男性の気を引くことができるかもしれません。

ほかにも、「軽い女だな」と思われそうなメールがあれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock