合コンで友達がやってくれると嬉しいアシスト9パターン


集団で挑む合コンの場合、スタンドプレーよりもチームワークを大切にしたほうが恋に勝利できるかもしれません。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「合コンで友達がやってくれると嬉しいアシスト9パターン」を紹介します。

  • 【1】「このコの料理、ほんとおいしいんだよ」と女子力をアピールしてくれる

    「友達が言ってくれるほうが好印象」(30代女性)というように、自分で発言すると『男ウケに必死だな』と思われかねないことを周囲が売り込むと喜ばれるようです。料理以外では「きちんと男を立てる」「きれい好き」なども男性に好印象を与えそうです。

  • 【2】気になる男性の横に、さりげなく座らせてくれる

    「話せないと結局印象に残らないし」(20代女性)というように、気に入った男性とじっくり話したいと思うのは当然の女心。トイレから戻ったとき「こっちおいでよー、あたしもトイレ行ってくる」などとさりげなく席を替わる気配りに感謝する女性が多いようです。

  • 【3】「最近見た映画は?」など、自分の得意ジャンルの話題に持ち込んでくれる

    「『話題が続かずに気まずい』なんて状況が避けられる」(20代女性)というように、話ベタな女性の場合、自分の趣味などネタに困らない話題を友達が振ってくれると安心なようです。ただし「アイドル」などオタク的要素が強いジャンルだと、引く男性もいるので注意しましょう。

  • 【4】しつこい男性や酒癖の悪い男性をビシッとしかってくれる

    「男よりよっぽど頼りになる(笑)」(20代女性)というように、ビシッと男性を注意できる姉御系の女性も、ぜひ参加願いたいタイプのようです。あまりきつく注意し過ぎて場の空気を凍らせないように気を付けましょう。

  • 【5】「みんなで名刺交換をしよう!」と、連絡先をゲットできる雰囲気を作ってくれる

    「自分で連絡先を聞く勇気がない」(20代女性)と、消極的な女性にとって、「連絡先交換タイム」を作ってくれる友達はありがたいようです。ただし、中には男性と連絡先を交換することに抵抗がある女性もいるので、前もってOKかどうかの確認をするといいでしょう。

  • 【6】「このコ、あなたみたいな人がタイプだよ」と男性に意識してもらえそうな発言をする

    「『もー、言わないでー』とか言いつつ、じつは嬉しい」(20代女性)と、友達が自分に代わってアプローチしてくれるのを望む女性もいるようです。ただし本当に気に入った男性でない場合、「余計なおせっかい」なので、友達の心をきちんと見極めることが大事です。

  • 【7】なかなか話に入れないとき「どう思う?」と話を振ってくれる

    「そういう気遣いができる子は案外いない」(30代女性)というように、人見知りの女性にとって、さりげなく話を振ってくれる友達はまさに救世主のようです。黙ったままの女性がいると、男性陣のテンションも下がるもの。全員で会話が弾むと、合コン自体も盛り上がるでしょう。

  • 【8】「明るいし、やさしいし」などと、長所を並べてくれる

    「モテることとか関係なく、『そんなふうに思っててくれたんだ』って嬉しくなる」(10代女性)と、長所をほめてもらうと、同性からの言葉でも感激するようです。友達同士でほめあう姿に、男性が「他人のいい部分をちゃんと見ることができる人達だなー」と感心するかもしれません。

  • 【9】「○○ちゃんのこと、どう思う?」と、自分の印象を男性にこっそり聞いてくれる

    「自分では『私のことどう思う?』なんて聞けないし…」(20代女性)と奥手な女性の場合、男性にそれとなく自分の印象を聞いてくれる友達は助かるようです。ほかの男性に会話が聞こえて友達が恥をかかないよう、細心の注意を払いましょう。

合コンでは、ほかにどんな「友達がやってくれると嬉しいアシスト」があるでしょうか。皆さんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock