年下男性が「子ども扱いされた…」と傷ついている一言9パターン


年下男性に惹かれ、かわいがりたくなる女性もいるはずです。しかし、男性の中には、かわいがられると「子どもだと思われた」と落ち込んでしまう人もいるようです。そこで、『スゴレン』男性読者に聞いた「年下男性が『子ども扱いされた…』と傷ついている一言」を紹介します。

  • 【1】「かわいい!」と、男性の容姿や行動の幼さを褒める一言

    女性から「かわいい」と評されると、「男として見られてない感じがする」(20代男性)と不愉快に思う男性は多いようです。男性との仲を深めたい場合は、「結構頼もしいね」と、男らしさを評価するほうが得策でしょう。

  • 【2】「○○君って弟みたい」と、親しみを伝えたつもりでたとえた一言

    「弟」にたとえられたことで、「恋愛対象に入っていないことがわかって切なくなる」(20代男性)と、恋愛とは程遠い関係性に寂しさを感じる男性もいます。親しみを伝えるときは「一緒にいると和む」など、同じ目線に立つようにしましょう。

  • 【3】「私がご馳走するよ」と、男性にお財布を出させる隙を与えない一言

    「男としてのプライドが削がれる…」(20代男性)と、女性のほうが年上とはいえ、男性は女性に奢られることを受け入れがたいようです。「今度は奢ってね」など、男性を立てる一言があると、男性も納得しやすいでしょう。

  • 【4】「○○君って若いよね?」と、会ってすぐに男性の年齢を探る一言

    「見た目も内面も子どもっぽいって言われたみたいで悔しい」(20代男性)と、出会ってすぐ年下であることを確認されると、男性はショックを受けるようです。見た目で判断せず、男性の年齢を聞いてからリアクションしたほうがいいでしょう。

  • 【5】「結構甘えん坊でしょ?」と、男性の性格を分析する一言

    「そう見えてるのかと思うと恥ずかしくなる」(20代男性)と、男性は子どもっぽい部分を言い当てられると、幼稚さを指摘された気分になってしまうようです。「意外としっかりしてるね」のように、ギャップを分析してあげるほうが、年下男性は喜ぶようです。

  • 【6】「何かあったら手伝うよ」と、親切のつもりで助け舟を出そうとする一言

    「親切心とはいえ、一人前扱いされないのが悲しい」(20代男性)と、女性のフォローの一言が、逆に男性を傷つけてしまう場合があるようです。「思いっきりやってみて」と、すべて任せるくらいのほうが、男性もやる気が出るでしょう。

  • 【7】「よくできました」と、先生のような態度で仕事での頑張りを褒める一言

    「完璧に子ども扱いで、バカにされてる気がする」(10代男性)と、女性の少し上目線の褒め言葉に、過剰に反応してしまう男性もいます。「頑張ったね」など、子どもを褒めるような言葉は使わないほうが、関係を良好に保てるでしょう。

  • 【8】「コレわかんないよね?」と、はなから回答を期待せずに質問する一言

    「『年下だからわからない』って気持ちが見える」(10代男性)と、女性の何気ない一言から、男性は期待されていないことを悟るようです。質問の前に「○○君ならわかると思って」と言えば、男性は期待に応えようと頑張ってくれるでしょう。

  • 【9】「守ってあげたくなるな」と、本音をポツリと漏らした一言

    「俺には男としての頼りがいがないのかって落ち込む」(20代男性)と、女性の本音を聞き、自分を情けないと思う男性もいます。口には出さず、行動で支えれば、男性も「俺のこと、よく見ててくれるな」と意識し始めるかもしれません。

「年下男性が『子ども扱いされた…』と傷ついている一言」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock