デートに遅刻しても男性が許してしまう「謝罪メール」9パターン


デートに遅刻をして、男性を「早く会いたかったのは俺のほうだけ?」とシラケた気分にさせてしまったら、楽しい一日が台無しです。そんなことにならないよう、遅刻をする場合、どんな連絡を入れるべきでしょうか。今回は、『スゴレン』男性読者に聞いた「デートに遅刻しても男性が許してしまう『謝罪メール』9パターン」を紹介します。

  • 【1】「○分遅れます」と、待ち時間がハッキリしているメール

    「10分なら本屋で、30分ならほしいPCをチェックしに電器屋へなど、時間のつぶし方も変わる」(20代男性)と、時間を有意義に使うため、到着時間を教えてほしいようです。ただし、伝えた時間にさらに遅刻をすると印象は最悪かもしれません。なるべく正確に伝えましょう。

  • 【2】「ゴメンね!」と謝るだけの、余計な言い訳のないメール

    「言い訳はいいから、きちんと謝ってくれさえすればOK」(10代男性)というように、まずはしっかり謝罪をすることが重要です。言い訳を並べると自己弁護に必死な印象を与え、かえって男性の気分を悪くすることもあるので注意しましょう。

  • 【3】「電車が止まってて…」と、彼女に非がないことがわかるメール

    「しょうがない理由なら怒れないし」(20代男性)というように、不可抗力の場合、ハッキリと理由を伝えたほうがいいようです。「時間が読めないから、喫茶店にでも入ってて」など、相手を気づかう言葉も添えるといいでしょう。

  • 【4】「何を着て行くかすっごく迷って」と、乙女心が伝わるメール

    「俺に『かわいい』って思われたいってことでしょ」(10代男性)と、男性のためにオシャレを頑張る女心にグッとくるようです。「どういう服が好きか知りたいし、今度一緒に買い物に行かない?」など、自然な流れで次の約束も提案できそうです。

  • 【5】「お茶でもおごるね」と、埋め合わせが書いてあるメール

    「その気遣いが嬉しい」(20代男性)というように、反省を言葉だけでなく行動でも示すと、より説得力があるようです。「あそこのチーズケーキ好きだよね?」と、彼の趣味を理解しているのがわかる提案を添えると、「覚えててくれたんだ!」と男性はキュンとするかもしれません。

  • 【6】「絵文字を打つ暇もないくらい焦ってる」と思える、文字だけの短いメール

    「1秒でも早く来ようとしているのが伝わる」(20代男性)と、文字だけの短いメールが届くと、男性は「かなり焦ってるなー」と思うようです。普段、絵文字をたくさん使う女性が送る場合は効果的かもしれません。

  • 【7】「寝坊しちゃった」と、素直に理由を書いているメール

    「誰だって寝坊することもあるし、素直がいちばん!」(30代男性)というように、ストレートに遅刻の理由を書いてくれるほうが、男性はスッキリするようです。そのまっすぐな態度が、「どんなときもウソをつくことはなさそう」という印象を与えるのかもしれません。

  • 【8】「次は絶対寝坊しないから!」と、次のデートを予感させるメール

    「次があると思うだけで、遅刻なんて吹っ飛ぶ!」(20代男性)というように、次回のデートを匂わせるメールに、待つイライラも忘れて「オレのこと好きかも」と有頂天になるようです。こう言っておきながら次回も遅刻をすると、大きく信頼を失う可能性があるので注意しましょう。

  • 【9】「これ作ってて…」とお弁当の写メが添付してあるメール

    「『俺のために…』と、怒るどころか、感動しまくる」(20代男性)というように、手作り弁当に喜ばない男性はいないかもしれません。昨晩のおかずの残りや、冷凍食品をパパッとつめるだけでも男性は「弁当のために早起きしたんだ!」と思ってくれるでしょう。

ほかにどんな「デートに遅刻しても男性が許してしまう『謝罪メール』」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock