気になる男性とカウントダウン!大晦日イベントに誘う方法9パターン


カウントダウンイベントは男性をデートに誘う年内最後のチャンス。うまく誘い出せれば、来年は素敵な一年になるかもしれません。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんなら、どんな感じで男性を誘い出すか教えていただきました。

  • 【1】「もしヒマなら一緒に年越ししない?」とストレートにデートに誘う

    「変な言い方はややこしいと思う。普通に伝えます」(20代女性)というように、すでに仲のいい男性に対してはストレートにお願いしたほうが早いかもしれません。とくに、ハッキリ言わないと分からない鈍感な男性に有効と言えそうです。

  • 【2】「予定がない人同士で集まらない?」とみんなで年越ししようと提案する

    「1対1より、友達がいるほうが誘いやすい」(10代女性)というように、友達を集めて年越しイベントをすると言えば、男性も誘いに乗りやすいでしょう。1対1のデートはまだ緊張する間柄でも、みんなでならカウントダウンイベントを思いっきり楽しめそうです。

  • 【3】「私は今年も紅白を見て終わりかぁ…」とさみしそうにつぶやく

    「さみしい女を演じて、デートに誘ってもらうのが狙いです」(20代女性)というように、男性の同情を誘えば、「どこかに出かけようか」と提案されるかもしれません。「みんな出かけてるみたいだけど」などの前置きを入れれば、よりさみしさを演出できそうです。

  • 【4】「年越しイベントと縁がないなぁ」とそれとなく行きたいことをアピールする

    「カンがいい男なら、私の気持ちに気づくはず」(10代女性)というように、それとなくアピールすれば向こうから誘ってくれるかもしれません。まだ参加したことがないことをあわせて伝えれば、男性も「連れて行ってあげたい」という気持ちになるでしょう。

  • 【5】「年越しそば食べにいこう」と食事を口実に誘う

    「デートよりもハードルが下がる」(20代女性)というように、年越しそばをネタに男性を誘いだせば、気軽に応じてくれそうです。カウントダウンイベント会場から近いところにあるそば屋さんを選べば、帰り道に会場に寄ることもできるでしょう。

  • 【6】「今年はどこで年越しするの?」とひとまず男性の予定を探る

    「とりあえず話のきっかけとして自然でしょ?」(20代女性)というように、まず男性の予定を聞き、誘い方を考える女性もいます。もし、男性が一人でさみしく過ごす予定なら、「私もそうなんだよね」と共感を誘うと、カウントダウンイベントに誘いやすくなるかもしれません。

  • 【7】「○○君は、いつも年末はどう過ごすの?」と毎年どう過ごしているかを聞く

    「もし実家に帰っていたら、断られるだけだしね」(20代女性)というように、普段の年末の過ごし方をまず尋ねてみることも大切かもしれません。年末年始の男性の予定を知っていれば、いきなりデートに誘って断られる心配もなくなります。

  • 【8】「○○は年が明けた瞬間の花火がすごいらしいよ」とイベントそのものに興味を抱かせる

    「冬の花火は男性も見たがるんじゃない?」(20代女性)というように、カウントダウンイベントの内容に興味を持たせるという女性もいます。「花火がすごい」「アーティストが来る」など楽しそうな催しがあるイベント会場を選びましょう。

  • 【9】「○○のイベント行きたいけど、一人じゃ不安だな…」と一緒に行ってほしいとアピールする

    「男性を心配させる作戦です!」(20代女性)というように、それとなく一緒に行ってほしいと伝える女性もいます。男気溢れる男性なら「一人なんて危ない! 俺も行くよ」と言ってくれるかもしれません。

ほかにも「大晦日当日、気になる男性をカウントダウンイベントに連れ出す一言」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock