男性が酔っぱらっているときに電話をかけてくる理由9パターン


なぜかいつも酔ってるときにばかり電話をしてくる男性がいます。どうして彼らは、酔うとあなたに電話をしたくなるのでしょうか。今回は『スゴレン』男性読者に聞いた「男性が酔っぱらっているときに電話をかけてくる理由9パターン」を紹介します。

  • 【1】気が大きくなって、デートに誘えるから

    「ちょっと強引な誘いもできる」(20代男性)というように、お酒の勢いを借りて好きな女性にアタックする男性もいるようです。ただし「今から会おうよ」など、女性の都合を考えずに誘ってくる男性は、遊び相手を探しているだけの可能性があるので、慎重に対応したほうがよさそうです。

  • 【2】シラフだと緊張して、片思いの相手とうまく話せないから

    「いつもは照れてうまくしゃべれないので」(20代男性)というように、お酒の力を借りて、思い切って片思い中の相手に電話する男性も多いようです。そんなに親しくない男性から電話が来た場合、あなたのことが好きな可能性が高いでしょう。

  • 【3】声を聞くと、気持ちが安らぐから

    「彼女の声を聞くだけでほっとする」(30代男性)というように、安らぎを求めて電話をする男性もいます。お酒の席とはいえ、男性は接待など気を使いながら飲むことも多いもの。たとえ夜中にかかってきた電話でも、怒らずおだやかに対応したほうがいいでしょう。

  • 【4】飲みすぎを心配してほしいから

    「『大丈夫?』って言われると、『心配してくれてる』と嬉しくなる」(30代男性)というように、女性に体を気づかってほしくて電話するパターンです。翌日も「二日酔いしてない?」とあなたから連絡をすると、男性は「なんてやさしいんだ!」と感激してくれるでしょう。

  • 【5】旧知の仲だと、自分の酔った姿を見せても恥ずかしくないから

    「泣き上戸なのを知ってる友達だと、あきれられることもないし」(30代男性)というように、酔った姿を見せても恥ずかしくない古い友人や元カノ相手に電話するパターンです。好きというより、カッコ悪い自分も安心してさらけ出せる気楽さから電話相手を選んでいるようです。

  • 【6】デート中のカップルを見て、うらやましくなったから

    「いちゃつくカップルを見ると、気になってる子を思い出す」(20代男性)というように、幸せそうなカップルの姿に、自分と好きな相手を重ねる男性もいるようです。「なんとなく、○○のことが頭に浮かんで」などと言ってくる男性は、あなたに好意を寄せているかもしれません。

  • 【7】ふだん言えないグチを聞いてほしいから

    「『人前でグチを言うのはカッコ悪い』と思ってても、酔うとつい…」(30代男性)と、お酒で感情を抑えきれなくなる男性もいるようです。弱いところを見せられるのは、相手に気を許している証拠。男性がグチを言ってきても嫌がらず、全部吐き出させてあげてはどうでしょう。

  • 【8】ひとり暮らしの部屋に帰ると、急にさみしくなるから

    「仲間とワイワイやってたぶん、帰ると急にさみしくなる」(30代男性)というように、さみしくてつい、誰かに電話をしてしまうパターンです。さみしさをまぎらわすためなら相手は誰でもいい男性もいるので、「電話をもらった!」と浮かれるのは危険かもしれません。

  • 【9】気のおけない相手だと、失言も許してくれそうだから

    「長い付き合いの友達なら、つい口がすべっても許してくれそうだし」(20代男性)というように、酔って暴言を吐いたとしても、関係が壊れる心配のない相手に電話するパターンです。男性が上機嫌で世間話をしてくるだけなら、単にお喋り相手がほしかっただけでしょう。

ほかにどんな「男性が酔っぱらっているときに電話をかけてくる理由」があるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock