気になる男性をギョッとさせる「去年のクリスマスの話」9パターン


クリスマス前になると、自然と去年のクリスマスの話題が出るものです。そんなときうっかり本当のことを話すと、気になる男性からドン引きされてしまうこともあります。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「気になる男性をギョッとさせる『去年のクリスマス』エピソード」をご紹介します。

  • 【1】当時付き合っていた彼氏と豪華客船でディナークルーズ

    「あー、そういう王道パターンねって感じ(苦笑)」(20代男性)と、豪華なデートのエピソードは意外にも不評のようです。「イベントは男がお金をかけて女を楽しませるもの」と考えている人間だと思われないためにも、あまりにバブリーな元カレとのエピソードは封印したほうが無難でしょう。

  • 【2】朝から晩までマンガ喫茶で過ごした

    「腐女子っぽくてヤダなぁ」(20代男性)と、引き気味の男性もいます。「この子と付き合ってもクリスマスを楽しめないかも」と思われる恐れがあるので、なぜ仕方なくマンガ喫茶で過ごしたのか、面白おかしく話す必要があるかもしれません。

  • 【3】クリスマス当日にフラれてしまった

    「可哀想すぎてかける言葉がない…」(20代男性)と、エピソードが不幸すぎて相手を困惑させるケースです。笑って話せるほど吹っ切れているなら構いませんが、そうでないと聞かされたほうもコメントに困ってしまいます。相手の気持ちも考えれば、話さないという選択肢もアリでしょう。

  • 【4】風邪をひいて一日中寝込んでいた

    「運が悪すぎるよ。いつもそうなの!?」(20代男性)と、驚かれてしまうケースです。本人が悪いわけではありませんが、「一緒にいるとオレのツキまでなくなるかも」といらぬ心配をされる恐れがあります。自虐ネタはほどほどにしたほうがいいでしょう。

  • 【5】両親と親戚一同でクリスマスパーティをした

    「そういう家の子って大変そう」(20代男性)など、付き合ったときのことを考えて、一歩引かれてしまうこともあるようです。いい家柄のお嬢さんらしいステキなエピソードですが、親戚ぐるみの付き合いを面倒に感じる男性もいます。「彼氏がいなかったから家族と過ごした」程度の表現をしてはいかがでしょうか。

  • 【6】仕事が遅くなって家に帰れなかった

    「彼氏ができてもそういう生活なのかな、と思っちゃう」(20代男性)など、あまりに仕事がハードなためにげんなりされてしまうケースです。相手が甘いクリスマスを彼女と楽しみたいタイプの男性なら「彼氏がいたら違ったのに」など、忘れずにフォローしましょう。

  • 【7】ひとりで無理やりホールケーキを食べた

    「うわー悲惨。完全に『おひとり様』じゃん」(20代男性)と、堂に入った「一人クリスマス」に度肝を抜かれる男性もいるようです。やけ食いをする女性は画的にもあまり美しくないので、せめてケーキがホールであったことは伏せておきましょう。

  • 【8】女友達と朝まで鍋パーティをした

    「男はいらないって感じなのかな?」(20代男性)など、クリスマス当日の地味な女子会は、「彼氏いらない宣言」と受け取られてしまう可能性があるようです。「女友達とパーティをした」など、もう少し華やかな表現にしたほうがいいかもしれません。

  • 【9】クリスマスであることを忘れていた

    「そんな人いるの? 世界が違うなぁ」(20代男性)など、クリスマスへの関心が薄すぎると、一気に恋愛対象外と見なされてしまうこともあるようです。「去年は転職したばかりで忙しかった」など、誰でも納得できる理由を言い添えるようにしましょう。

ほかにも「こんなクリスマス話が不評」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock