デート中に「もう脈なしだ…」と男性の心がくじけてしまう振る舞い9パターン


正式に付き合う前のデートにおいては、男性は相手の行動一つひとつに注目しているもの。女性のつまらなそうな態度に敏感に反応して、心がくじけてしまうケースも少なくないようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「デート中に『もう脈なしだ…』と男性の心がくじけてしまう振る舞い9パターン」をご紹介します。

  • 【1】待ち合わせに大幅に遅刻する

    「大して楽しみにしてなかったのがバレバレ」(10代男性)など、デートにおいて約束の時間を守らないと、「テンションの低さ」が伝わってしまうようです。特別な理由があって遅れてしまうときは、すぐに連絡して事情を理解してもらうとよいでしょう。

  • 【2】前回のデート内容を忘れている

    「別の誰かと行ったデートと混同されていたら最悪」(20代男性)など、以前したデートの内容をよく覚えていないと、「相手への興味の乏しさ」が男性に伝わってしまうようです。せめて以前話した内容くらいはしっかり覚えておきたいものです。

  • 【3】すれ違ったイケメンをじっと見る

    「明らかに自分と比べられた気がする」(20代男性)など、デート中に別のイケメンに目を奪われるのは、男性に強いショックを与えてしまうようです。二人でいる間くらいは、お相手の男性とのコミュニケーションに集中するのがマナーといえそうです。

  • 【4】何度もケータイのメールを確認する

    「自分よりも楽しい誰かからの連絡を待っているのか…と落ち込む」(20代男性)など、デート中の頻繁なケータイチェックは、男性に「別の相手」を想像させるようです。楽しくデートを盛り上げるなら、必要なとき以外はケータイをいじらないほうがよさそうです。

  • 【5】ほかの男友達の名前をやたらと口にする

    「デートのときは、別の男の話はあんまり聞きたくない…」(20代男性)など、仮に共通の友達であっても、別の男性の話題はデート中にはあまりふさわしくないようです。特定の男性の名前ばかり口にすると、「そっちに気があるの?」と勘違いされるかもしれません。

  • 【6】並んで座っているとき、間にカバンを置く

    「さり気なく距離を置かれている感じがツライ」(20代男性)など、男性との間にカバンを置くのは、「壁」を作っている行動と受け取られるようです。もしも無意識にやってしまっているなら、反対側にカバンを置くように心がけたほうがよさそうです。

  • 【7】ファッションやメイクが明らかに適当である

    「普段着そのままで登場されると、自分への気持ちの薄さがわかる」(20代男性)など、明らかに手を抜いたファッションは、男性に「本気じゃないんだな」と感じさせてしまうようです。付き合う前の段階のデートには、できる限りオシャレをして臨みたいものです。

  • 【8】夕食が終わってすぐ「そろそろ帰ろうか」と切り出す

    「そんなにつまらなかったのか…」(20代男性)など、名残惜しさのかけらもなく早々に帰ろうとする行動は、男性に「デートの失敗」を伝えるようなものかもしれません。終電や門限といった制限がないなら、多少はデートの余韻を楽しみつつお別れしたいものです。

  • 【9】次のデートの約束を曖昧なままにする

    「次の約束をはぐらかされると、これで終わりかなと思う」(20代男性)など、次回のお誘いを曖昧にするのは、「もう会いたくない」と言うのと同様の効果があるようです。少しでもその気があるなら、「また会いたい」という気持ちはハッキリ伝えたほうがよさそうです。

ほかにも、「デート中に『もう脈なしだ…』と男性の心がくじけてしまう振る舞い」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock