理想のタイプを聞かれたとき、「絶対、そんな彼氏なんて見つかるわけない!」と思われる返答9パターン


恋人ができない理由としてしばしば登場する「理想が高すぎる」。本人に自覚がなくても、周りの友人にそう思われているケースもあるようです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「絶対、そんな彼氏なんて見つかるわけない!」と感じた理想のタイプについて教えてもらいました。

  • 【1】芸能人の○○みたいにカッコいい人

    「親友として一言。『もっと現実を見て!』」(30代女性)というように、芸能人への憧れが強すぎると心配されるようです。ただし、恋人と好きな芸能人は「別腹」と頭を切り替えれば、身近にいる男性にも興味を持てるようになるかもしれません。

  • 【2】アニメやゲームに出てくる超絶イケメンキャラ

    「超イケメンキャラの猛アプローチを待ってるのだとか…」(20代女性)というように、妄想から出てこないことを心配するようです。2次元の恋は、分かち合える友達以外には内緒にしておき、気持ちが落ち着いたところで現実の男性にも目を向けるといいかもしれません。

  • 【3】どんな美女に誘惑されても絶対に浮気をしない人

    「浮気されないように調教するか、自分を磨き続けたほうがいい」(20代女性)というように男性が浮気をしないことを前提とするのではなく、浮気されない努力をすべきと感じるようです。浮気するかしないかは自分次第だと考え、見た目や性格など自分が「好き」と感じる特徴を述べるほうがいいかもしれません。

  • 【4】服や音楽の趣味など全ての感性が合う人

    「気持ちはわかるけど、歩み寄ることも大切」(20代女性)というように、最初から全ての感性が合う人はいないと思われるようです。どうしても譲れない趣味など一つに絞れば、意外と身近なところに理想の男性がいることに気づくかもしれません。

  • 【5】自分を第一夫人にしてくれるアラブの石油王の息子

    「今、日本にいる時点で無理じゃん。ギャグなら面白いけど」(10代女性)というように、「冗談ならセンスあるけれど、本気だと引く」というのが本音のようです。男友達を紹介するために聞かれて可能性も踏まえ、日本版の理想のタイプも用意した方がいいでしょう。

  • 【6】ワガママを全て聞き、お姫様扱いしてくれる人

    「そんな自己中、女から見ても嫌」(20代女性)というように、聞いている女友達も不快感を抱くようです。ただし、「ときどきワガママを聞いてくれる包容力のある人」など、少し理想を下げれば、出会えるチャンスがグッと広がるでしょう。

  • 【7】公務員のように安定した仕事でしかも次男の人

    「わかるけど、そういう人はもう残ってないよ」(30代女性)というように、対象が狭すぎると思われるようです。また条件に縛られすぎて、素敵な男性を逃す可能性もあるので、もっと内面にフォーカスしたほうがいいのかもしれません。

  • 【8】料理や家事を全て自分の分までやってくれる人

    「そんな怠け者、友達でもちょっと嫌」(20代女性)というように、話を聞いているだけで嫌気がさすという女性もいます。ただし、「仕事が得意で男性よりも稼ぐから」などの理由があって話しているのなら、周囲も納得し、応援してくれるでしょう。

  • 【9】体毛がなくツルツルで体臭もゼロな人

    「そんな細かい欠点を気にしてると、恋愛なんてできないよ」」(20代女性)というように、仮に理想の男性と出会えても、ほかのところが気になりだすだろうと感じるようです。逆に男性の体毛と体臭を克服できれば、ストライクゾーンがかなり広がるので、素敵な男性と出会える確率も高まるでしょう。

ほかにも、「こんな理想のタイプもありえないと思う」という話があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock