付き合いたての彼氏が抱く、彼女に対する小さな不満9パターン


交際が始まると誰でもウキウキするものです。でも、思い通りに事が運ばずイライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「付き合いたての彼氏が抱く、彼女に対する小さな不満」をご紹介します。

  • 【1】出かける前の準備で待たされる。

    「女の準備って何であんなに長いの?」(20代男性)など、女性の準備時間の長さにゲンナリする男性は多いようです。特に男性はメイクと縁がないので、理解できないのかもしれません。「あなたのためにキレイでいたい」という気持ちを伝えるといいでしょう。

  • 【2】元カレのアドレスを携帯から消さない。

    「まだ未練があるわけ? ちょっと寂しい」(20代男性)など、ショックを受ける男性もいます。元カレとの付き合い方にはかなり個人差があるので、完全に理解し合うのは難しいようです。できれば消したほうが彼氏の信頼を得ることができますが、どうしても消したくないなら理由を話し、わかり合う努力をしましょう。

  • 【3】遠慮して「何でもいいよ」と自分の意見を言わない。

    「あまりに何でも合わせられると、こっちも言いたいことが言えなくなる」(20代男性)など、遠慮しすぎた態度に不満を持つ彼氏もいるようです。嫌われたくない気持ちがあるのはわかりますが、彼女のある程度のワガママは彼氏にとっても嬉しいもの。もっと自信を持って少しは自分の意見を言うようにしましょう。

  • 【4】なかなか部屋に招いてくれない。

    「警戒されているのかと思うと悲しい…」(20代男性)など、部屋に招いてもらえないことにショックを感じる男性もいるようです。「部屋が片付いていないから…」など、警戒しているわけではないことがわかる理由を伝え、安心させてあげましょう。

  • 【5】年上だからといってずっと敬語を使い続ける。

    「せっかく付き合い始めたのに他人行儀すぎ!」(20代男性)などの苦情が殺到。彼氏が年上だと、すぐに打ち解けた言葉遣いになるのに抵抗があるかもしれません。ですが、ずっと敬語を使い続けるのは不自然です。まずは冗談っぽくタメ語で話してみて、自分を慣れさせましょう。

  • 【6】彼女からの電話やメールが少ない。

    「どうしてオレばっかり電話してるわけ?」(20代男性)と、不満に感じる男性も多いようです。付き合ったばかりの時期に連絡が少ないと、気持ちが冷めてしまったのではないかと不安にさせる恐れもあります。彼氏を安心させるためにも、女性もマメな連絡を心がけましょう。

  • 【7】友達に「彼氏できた?」と聞かれても曖昧に答える。

    「オレと付き合ってるのが恥ずかしいのかな」(20代男性)と、落ち込む男性多数。友達に触れ回る必要はありませんが、聞かれたらはっきりと交際状況を答えたほうがいいでしょう。彼氏が喜ぶよう、ノロケてみてもいいかもしれません。

  • 【8】人前で手をつなぐ程度で恥ずかしがり、手を離そうとする。

    「なんか悪いことしたみたいで嫌だな」(20代男性)と、ションボリしてしまう男性も。過度に恥ずかしがると、彼氏を傷付けてしまう恐れもあるようです。自分が恥ずかしがり屋であることを早めに伝え、彼氏にうまくリードしてもらうといいでしょう。

  • 【9】名字に「さん」付けで呼ぶ。

    「どうして名前で呼んでくれないの?」(20代男性)などの声もあり、付き合ったら名前で呼び合いたい、というのが多くの男性の願望のようです。今すぐには無理かもしれませんが、せめてあだ名で呼ぶなど、親愛の証を見せましょう。

ほかにも「付き合い始めの頃、こんな不満を持たれた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock