男性が「脈あり!!」と感じる瞬間9パターン


恋愛という土俵では、多かれ少なかれ誰もが駆け引きをしているもの。ちょっとした言動から特別な意味を推し量ることも多いようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性が『脈あり!!』と感じる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】女性のほうからデートに誘われたとき

    「女子から『○○行こうよ』と誘われると、『イケる!!』と思います」(20代男性)など、男性も自分から誘ってばかりだと、いくらデートを重ねても自信が持ちづらいようです。女性からのお誘いで急速に自信を持つ男性は多いので、恋愛感情なしに友達として遊びに誘うなら、勘違いのないようデートスポットは避けましょう。

  • 【2】夜中に電話がかかってきたとき

    「夜中の電話はなんだか意味深。期待しちゃいます」(20代男性)など、寝る前に声が聞きたい相手として選ばれたことに、特別な意味を感じ取る男性は多いようです。「寝れなくて」など甘えるのは、本当に恋愛感情がある場合だけにしましょう。

  • 【3】デートの帰り、なかなか帰ると言いださないとき

    「もっとオレといたいのかなって、自信がわいてくる」(20代男性)など、デートが遅くまで続くと、背中を押された気分になる男性もいるようです。まだ気持ちが決まり切っていない場合は、楽しくても早めに帰ったほうが無難でしょう。

  • 【4】ボディタッチをしても嫌がらないとき

    「好きな男じゃなければ嫌がるはず。ってことは…!」(20代男性)など、好意をチェックするためにボディタッチする男性もいるようです。ガマンして黙っていると、男性にあらぬ期待を持たせるだけでなく、ボディタッチがエスカレートすることも考えられるので、嫌なときははっきりと伝えましょう。

  • 【5】女性から家に遊びに行きたいと言うとき

    「家に来るってことはOKなんでしょ?」(20代男性)など、ドキリとする発言も。自分のテリトリーに入ってきた女性は、自分を受け入れたものと考える男性はかなり多いようです。誤解を招く恐れがあるので、好意のない男性の部屋へ行ったり、逆に男性を自分の部屋に招いたりするのはやめましょう。

  • 【6】メールの返信が早いとき

    「即レスだと、オレのメールを楽しみにしてたんだと思えて嬉しい」(20代男性)など、メールの返信速度から好意を感じ取る男性もいるようです。メールがマメな女性は勘違いされやすいので、たまにはあえて返信の間を置くなどの自己防衛も必要かもしれません。

  • 【7】自分との約束を何よりも優先してくれたとき

    「友達との約束を断ってまで自分との約束を優先してくれると、『好かれてるな』と思います」(20代男性)など、約束の優先順位は気になるところであるようです。もし好意がある男性相手なら「約束があったけど、来ちゃった」などとアピールしてみるのもひとつの手でしょう。

  • 【8】旅行や外出先からメールが送られてきたとき

    「旅先からメールが送りたくなるのは、気になってる証拠!」(20代男性)というように、離れた場所で思い出してもらえたという部分に、自分の存在の大きさを感じるようです。異性として興味のある男性には、積極的に旅先からもメールを送り、自分を印象づけるといいでしょう。

  • 【9】仲の良い女友達に紹介されたとき

    「女友達に紹介されるってことは、友達に見せたいってことだよね」(20代男性)など、女友達に紹介されると「脈あり!!」と感じる男性は多いよう。あまりふたりきりで会いたくないからといって友達を呼ぶと誤解されてしまうので、気をつけましょう。

ほかにも「こんな行動で『脈あり』と思われてしまった」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock