男性に居心地の悪い思いをさせるデート場所9パターン


本来デートは楽しいものですが、場所によっては男性に居心地の悪い思いをさせてしまうこともあるようです。その結果、デート自体のイメージが悪くなってしまう可能性も…。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性に居心地の悪い思いをさせるデート場所」をご紹介します。

  • 【1】混雑した人気テーマパーク

    「並ぶのは苦手。しかも僕の行きたい場所ではないし…」(10代男性)など、ちょっとウンザリした様子の男性も。テーマパークでは、長い待ち時間でケンカをするカップルが多いようなので、行く際は注意が必要です。混雑に耐えられる人か先に確認しましょう。

  • 【2】女性物の下着を中心に扱うショップ

    「すっごく居づらい! どうしてつれてくの??」(20代男性)などの訴えが届いています。女性用の下着を選ぶことに抵抗のない男性は少数派で、恥ずかしく思う場合が多いようです。つれて行く前に、男性の意向を聞くようにしましょう。

  • 【3】男性とはまったく縁がないデパートの化粧品コーナー

    「何をして待っていればいいのやら…コメントにも困る」(20代男性)など、ほとほと困り果てた様子の男性多数。化粧品のことはまったくわからない男性も多いため、連れて行くのは少々酷かもしれません。なるべく長い時間待たせないようにしましょう。

  • 【4】女性ファンの多いアーティストのライブ

    「全然雰囲気に乗れないし、浮いちゃって恥ずかしい」(20代男性)など、あまり楽しめない男性が多いようです。自分の好きなアーティストを一緒に応援したい気持ちはわかりますが、急にライブに連れて行くのはちょっと可哀想です。まずはCDを貸し、男性が興味を持ったらライブに誘うようにしましょう。

  • 【5】韓流スターグッズが並ぶコリアンタウン

    「あの街、女子しかいないじゃん!!(泣)」(20代男性)と、うろたえる男性多数。韓流ブームにより、コリアンタウンは一気に女子の街へと様変わり。たしかに男性が行くと浮いてしまうかもしれません。ただし、焼き肉などの韓国料理は男性も好きなので、一緒に行く際はグルメスポットにしぼってはいかがでしょうか。

  • 【6】女性側の女友達ばかりの飲み会

    「チェックされてる気がして窮屈…」(20代男性)など、メンバーが女性側の女友達ばかりだと、品定めされている感じがぬぐえないようです。いきなり大人数の女友達を呼ばず、少しずつ彼氏を紹介していきましょう。

  • 【7】女性の家族が働く飲食店

    「気をつかうから食べた気がしない」(20代男性)など、ガチガチに緊張してしまう男性も多いようです。オフィシャルな紹介でなくても、女性の家族に会うのは相当緊張する状況だと考えられます。付き合いはじめて間もない時期は避け、せめてふたりの交際が安定してから連れて行くようにしましょう。

  • 【8】結婚を意識せざるを得ないモデルルーム

    「オレと住む気なのかな…と思うとプレッシャー」(20代男性)など、結婚を意識せざるを得ないスポットに、苦手意識を感じる男性は多いようです。部屋について意見が聞きたいだけなら、ひとり暮らしをするつもりであることをはっきりと伝えたほうがよいでしょう。

  • 【9】甘いもの好きでないとキツいケーキバイキング

    「あんまり甘いもの好きじゃないからなー」(10代男性)など、困ってしまう男性もいるようです。また、ケーキバイキングには女性が多いので、恥ずかしいという気持ちもあるのでしょう。まずは普通の食事もあり、スイーツの種類も多いバイキングに行ってはどうでしょうか。

ほかにも「こんな場所は居心地が悪そうな男性が多い」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock