「モテない女」にありがちな特徴5パターン


男性から見ると「モテない女」には一定の傾向があるようです。では、どんな女性が「こういうところを直さないとモテないよね」と思われているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『モテない女』にありがちな特徴」をご紹介します。

  • 【1】アイドルや声優に夢中で、周囲にそれを公言している

    「アイドルヲタってのはやっぱりモテから程遠いのでは…と思います」(20代男性)など、手の届かない有名人にガチで恋していてモテないパターンです。好きな気持ちまで否定する必要はありませんが、周囲からの見られ方を考えれば、なるべく隠しておいたほうがいいかもしれません。

  • 【2】「普通は○○だよね」と自分の規範を他人に押し付ける

    「自分の流儀を他人に強いるような女の子はみんなから敬遠されますよね」(10代男性)など、相手に合わせてもらうのが普通だという態度のせいでモテないパターンです。この手の女性は、たいてい悪気なく人に考えを押し付けているものなので、自分を客観視する癖を付けましょう。

  • 【3】「私はサバサバしてるから!」とやたらガサツに振る舞う

    「サバサバの意味をはき違えてるとしか思えない。ただの雑な女に見える…」(10代男性)など、言動がガサツすぎてモテないパターンです。そもそも「私はそこらへんの女とは違うのよ!」という選民意識があるのが問題なので、なるべく謙虚であるよう心がけたいところです。

  • 【4】「自分磨き」の方向性が間違っているか、センスが悪い

    「たとえば資格マニアみたいな子は、資格をたくさん取得することが目的になっていて、本人の魅力が増すわけではない」(20代男性)など、努力の方向がトンチンカンなせいでモテないパターンです。モテを目指して自分磨きをするなら、「女ぶりを上げる」ことに重きを置いたほうがよさそうです。

  • 【5】「若くてかわいい子じゃないとダメだよね…」と言い訳ばかりする

    「特に美人じゃなくてもモテる子はいっぱいいるのに、最初からその土俵に上がろうとしない時点でダメ」(20代男性)など、はなから勝負を諦めているせいでモテないパターンです。むやみに自分を卑下しても何もいいことはないので、「私には魅力がある」と思い込むことも大切でしょう。

思い当たるものがある人は、今すぐにでも振る舞い方を考えたほうがいいでしょう。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock