俺に何を期待してるの?リアクションに困る女子からのLINE5パターン


気になる男性とつながりを持ちたくて、軽い気持ちで送りがちなLINEのメッセージですが、内容を吟味しないと、ただただ相手を困惑させてしまうだけかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「俺に何を期待してるの?リアクションに困る女子からのLINE」をご紹介します。

  • 【1】どうフォローしたらいいのかわからない「眠い」「疲れた」

    「一言つぶやくだけなら、Twitterでも使ったら?と言いたくなる」(10代男性)というように、たった一言のつぶやきに対して、リアクションを起こす気になれない男性は多いようです。「私は残業続きで疲れているけど、あなたは体調どうですか?」などと相手の様子を聞く形で投げかけるのであれば、それなりにやりとりは続くでしょう。

  • 【2】状況を聞かされても反応しづらい「ファミレスでお茶してます」

    「あなたが今何をしているのかに興味もないし、知らせてくれなくて結構ですという感じ」(20代男性)など、いきなり「今、○○してます」と聞かされても、「だから何?」としか思えない人が大半かもしれません。「新メニューのパフェがおいしいから、今度一緒に食べようね」などと、あとにもうワンフレーズ加えて相手の興味を引きたいところです。

  • 【3】手持ちぶさたで送ってきたのがあからさまな「ひまー!」

    「誰も構ってくれないからとりあえず送ってきた感が伝わってきて、うんざり」(10代男性)など、深く考えずに送りがちな「ひまー!」というメッセージも、いい心証は与えないようです。自分が退屈だからといって、どうにかしてもらおうというのは、あまりに投げやりなので、「もし時間あったら遊ぼうよ」などと具体的な内容に落とし込みましょう。

  • 【4】観ていないテレビの話をされても何のことやら「あの二人くっつくんだー」

    「みんながみんな、自分と同じ番組を観ていると思い込んでいるところがすごい」(20代男性)など、何の前置きもなく「今やっているテレビの話題」を振っても、それを観ていない人にはチンプンカンプンのようです。テレビに限らず、自分の目の前にあるものを相手も共有していると思いがちな人は、すぐにでも改めたほうがいいでしょう。

  • 【5】本文が添えられていないので用件がわからない「スタンプだけ」

    「俺に何をしてほしいんだろう?と本気でわけがわからない」(20代男性)というように、「スタンプのみ」のメッセージも、意図が伝わりにくく、相手を混乱させるようです。これといった用件がなく、単に構ってもらいたいだけだとしても、スタンプに「最近、元気にしてますか?」などの一言を添えたほうが、リアクションは得られやすくなるでしょう。

心当たりのものがある人は、すぐにでも改善したほうがいいでしょう。(田中健斗)
Photo:All images by iStock