デートが終わったその日のうちに送りたい!男心をつかむLINE5パターン


初めてのデートが終わったら、とりあえずLINEで一言挨拶したいもの。今後の展開を期待するのであれば、それなりに内容を吟味したいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「デートが終わったその日のうちに送りたい!男心をつかむLINE」をご紹介します。

  • 【1】「ありがとうございました!楽しかったです」と素直にお礼を言う

    「すぐに何か一言あると、礼儀正しい子だなと思います」(10代男性)など、まずは迅速なメッセージを入れると好印象を与えられるようです。どんな内容のデートでも、「男性側にエスコートしてもらったお礼」の前提で書くと、好感度の高い文面になりそうです。

  • 【2】「あそこのパフェ、めっちゃおいしかったですね」と具体的な感想を述べる

    「何がよかったか教えてくれると、『喜んでくれたんだー』とホッとしますね」(10代男性)というように、具体的なエピソードに触れることで、デートの感想にリアリティを与えるパターンです。景色や食べ物など、当たり障りのない題材をひとつ取り上げましょう。

  • 【3】「実はこんな写真を撮ってましたー!」ととっておきの一枚を送る

    「こっそり写真を撮るほど楽しかったのかとほっこりします」(20代男性)など、デート中の画像を添えて連絡するのも、男性を喜ばせるようです。思い出を共有したような気分も味わえるので、気持ちをつなぎとめる意味でも有効なのではないでしょうか。

  • 【4】「これからは下の名前で呼んでもいいですか?」といきなり距離を詰める

    「対面だと照れくさくて言えなかったんだろうなと思うと愛おしい」(20代男性)というように、これを機に一気に親しくなりたいのであれば、「下の名前で呼ぶ許可を求める」のも手っ取り早いかもしれません。思い切って切り出してみる価値はありそうです。

  • 【5】「今度はどこに行きましょうか」と次のデートをせがむ

    「またデートしたいと思ってくれていることが何よりうれしい」(20代男性)など、次のデートがあるのは当然というスタンスで「どこに行きましょう?」と相談すると、トントン拍子で関係が発展しそうです。イケそうだと思ったら、ここまで踏み込んでしまうのもいいでしょう。

男性との距離感次第で、最善と思われる作戦を展開しましょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock