「男としてのプライド」をズタズタに傷つけるセリフ5パターン


「男」とは、女性が思う以上に繊細な生き物のようです。悪気なく放った一言のせいで再起不能なほど落ち込ませたくなければ、「言ってはいけないセリフ」を覚えておいたほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『男としてのプライド』をズタズタに傷つけるセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「その収入で生活できるの?」と経済力を心配する

    「事実だとしても、お金のことを言われるのはいちばんキツイ」(20代男性)など、「甲斐性」について言及されることは、女性が思う以上に「男の沽券」にかかわるようです。揶揄するニュアンスではなく、心から案じているのだとしても、むしろ傷口に塩を塗り込む結果になりかねないので、わざわざ触れる必要はないでしょう。

  • 【2】「その服はないわ…」とファッションセンスをこき下ろす

    「たしかにセンスがいいとはいえないかもしれませんが、そこまで言わなくても…」(10代男性)など、ファッションに対する否定的なコメントも、男性の胸にはグサリと突き刺さるようです。「なし!」と一刀両断にせずに、せめて「惜しい!そこは柄物よりも無地を合わせたほうが映えたかも…」などと、やんわり指摘する程度に留めたいところです。

  • 【3】「あなたには理解できないかもしれないけど…」と知性がないと決めつける

    「学歴もないですし、頭があまりよくないのは認めます。でも女の子からバカ扱いされるのは辛いです」(10代男性)など、「頭の出来」について女性に上から目線で言われるのも、男性にとっては屈辱的なことのようです。相手が誰であれ、決していい印象を与える態度ではないので、顰蹙を買いたくなければ、傲慢な物言いは控えたいものです。

  • 【4】「いい意味で『男』を感じさせないよね」と異性としての魅力を否定する

    「男としての自分を否定されたら、何をどう頑張ってもダメなのかと落ち込みます」(20代男性)など、「男を感じない」という発言によって、自信を失った人もいます。「一緒にいると居心地がいい」と褒めるつもりだとしても、真意が伝わりにくいので、相手も自分を「女」として意識していない場合以外は避けたほうがいい言い回しでしょう。

  • 【5】「ごめん、おもしろくないから」とトーク内容をバッサリ斬る

    「『つまらない男』ってレッテルが一番怖いかもしれません」(20代男性)など、ほかのどんな評価よりも「つまらない」と言われることを恐れる男性は少なくないようです。特に「容姿よりも内面で勝負したい」「モテに必要なのはコミュ力」と考えている男性にとって、話術の否定ほどショックなものはないので、そこは察してあげましょう。

「そんなつもりはなかった」と弁解したところで、受け止めたほうの心の傷が癒えるわけではないので、言葉には細心の注意を払いましょう。(田中健斗)
Photo:All images by iStock