思わず萌えてしまう「学級委員タイプ女子」の意外な一面5パターン


見た目が真面目そうだったり、周囲にしっかり者扱いされてしまう、いわゆる「学級委員タイプ」の女性は、男性からするとなかなか近寄りがたいもの。しかし「えっ、こんな人だったの?」という意外な一面を見せることで、グッと気持ちをつかめる場合もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「思わず萌えてしまう『学級委員タイプ女子』の意外な一面」をご紹介します。

  • 【1】意外に冗談好きで、一度笑い出すと止まらない

    「ガチガチに真面目な子なのかと思ったら、そうでもないと知って親しみがわいた」(10代男性)というように、いかにもお堅い印象の女性が、実は冗談好きだったり、笑い上戸だったりすると、一気に親近感が増すようです。周囲に堅物扱いされていると感じたら、たまには大口を開けて楽しそうに笑う姿をさらけだしてもいいでしょう。

  • 【2】実は涙もろく、他人の話でもすぐに泣いてしまう

    「結構イイ奴じゃん!とわかって、ヨシヨシしてあげたくなりました(笑)」(10代男性)など、「意外に人情派」ということが判明して、好意的に受け止められるパターンです。「かわいそうな動物の話に弱い」「どんな映画を観てもすぐ感動して泣いてしまう」といったツボがある人は、さりげなく周囲に開示していってもいいのではないでしょうか。

  • 【3】気を許した人にだけ、ワガママを言いとことん甘える

    「基本的に敬語でしゃべる子に『助けてほしかったらアイス買ってこい』みたいな言い方をされるとドキッとしますね」(20代男性)など、きちんとした感じの女性の意外なツンデレぶりに萌えたという人もいます。「その人だけに特別な態度を取る」というのが動揺を誘うので、気になる男性に対して試してみましょう。

  • 【4】しっかり者かと思いきや、よく観察すると結構ドジである

    「失敗とか絶対しなそうなキャラなのに、『左右の靴が違う』とか、何やってんだよ!と笑ってしまう」(20代男性)など、「しっかり者に見えるのにドジ」というギャップは男性の心を惹きつけるようです。「機械オンチ」「手先が不器用」といった弱点がある人は、意中の男性の前で「実はこれが苦手」という一面をチラ見せしてもよさそうです。

  • 【5】ポーカーフェイスなのに、大好物を食べるときはニッコニコの笑顔になる

    「めったなことでは笑わない子が、ものすごくうれしそうにチョコを頬張る姿とかは、見ているだけで癒やしになります」(10代男性)というように、「おいしそうにものを食べる様子」は、男性の視線を釘付けにするようです。普段は感情を表に出すのが苦手な人も、大好物の前では最上級の笑顔を繰り出したいところです。

ギャップを演出したくても、やりすぎるとあざといと思われてしまうので、加減はわきまえたほうがいいでしょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock