たくさんの女性の中からたった一人を選ぶときの「決め手」5パターン


好きな男性がいわゆる「モテ男」だった場合、大勢のライバルと戦わなくてはなりません。彼に選んでもらう「たった一人の女性」になるためには、どんなことをがんばればいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「たくさんの女性の中からたった一人を選ぶときの『決め手』」をご紹介します。

  • 【1】がんばってネタを探さなくても、会話が続くかどうか

    「無理しなくても会話が成立するのは相性がいい証拠なので」(20代男性)というように、がんばらなくても会話が続くことで、ウマが合うことを確信するパターンです。気になる男性がおしゃべりなタイプなら、上手に相槌を打ってあげると、「この子とは話しやすいな。気が合うかもしれない…」と思ってもらえるでしょう。

  • 【2】映画や音楽、食べ物など、「好きなもの」が似ているかどうか

    「好みが違いすぎる子とは付き合っても苦労します。やはりセンスが似てる子がいいです」(20代男性)というように、感性が似ていることを重視する人もいます。とはいえ、相手に気に入られたくて話を合わせすぎると、ボロが出てしまうので、共通項を見つけたときのみ強調するようにしましょう。

  • 【3】相手のことを思いやる優しさがあるかどうか

    「自分の要求ばかり通そうとする子はダメ。相手の身になって考えられる子を選びます」(10代男性)というように「優しさ」が何より大事だと考える人は少なくありません。ただし、明らかに非がある人間をむやみにかばうなど、道理の通らないことをしても仕方がないので、「優しさ」の見せ方は考えたほうがいいでしょう。

  • 【4】金銭感覚や男女交際のありかたなど、基本的な価値観が合うかどうか

    「『どこまでがセーフでどこから先が浮気か』みたいな認識が違うと揉める原因になる」(20代男性)など、生活感覚や倫理観が一致することも重要でしょう。その人がどのような価値観の持ち主なのかは日ごろの言動からある程度わかるものなので、意中の男性のことはさりげなく観察しておいたほうがよさそうです。

  • 【5】一緒にいても気を使わず、自然体でいられるかどうか

    「お付き合いして長い時間を共にするなら、疲れない女性がいいですね。これが最低条件です」(20代男性)というように、偽りのない自分で付き合えるかどうかを判断基準にする人もいます。いいなと思う男性がいたら、積極的に押しまくるよりも、「居心地のよさ」を提供できるよう、会話のテンポや雰囲気づくりを工夫してみるといいでしょう。

あざとさを感じさせず、自然と相手の意識のなかに入り込んでしまいたいものです。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock