順調にお付き合いを重ねてきた彼女との「別れ」が頭をかすめる瞬間5パターン


自分としては「幸せな交際が続いている」と思っていたとしても、無意識の言動がきっかけで、彼氏に別れを決意させていたとしたら不本意でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「順調にお付き合いを重ねてきた彼女との『別れ』が頭をかすめる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】家族や友人の悪口を言われて、頭にきたとき

    「親をバカにされたら、『この人は自分の味方じゃないんだな』と頭の中でそっと仕分けします」(20代男性)など、彼氏の身内を悪く言ったことで決定的な亀裂を生むパターンです。たとえ自分の言い分に理があったとしても、彼氏にとっては情の部分で割り切れない可能性があることを頭に留め置いたほうがいいでしょう。

  • 【2】一緒にいても会話もなく、彼女がスマホばかり見ていることに気づいたとき

    「テーマパークでまでスマホのゲームに没頭されると、二人でいる意味ないじゃんと思ってしまう」(20代男性)など、恋愛に必要な「熱」がないことが明白になってしまうと、さすがに彼氏の気持ちも冷めるようです。デートが退屈なら、まずは一緒に楽しむにはどうすればいいのか考えるのが筋ではないでしょうか。

  • 【3】平気でオナラをするなど、デリカシーに欠ける行動を見せつけられたとき

    「ノーブラのだらしない格好でお尻をボリボリ掻くとか、ありえないです」(10代男性)など、まるで彼氏の視線を気にしていないかのようなマナー違反を犯すのもまずいでしょう。  一緒にいることに慣れてリラックスできるのは悪いことではありませんが、一定の緊張感だけは保っていたいものです。

  • 【4】もしかして、単に自分は利用されているのではと察したとき

    「俺のことが好きなのではなく、俺の財布や車が目当てなのではと気づいた瞬間、スッと冷めた」(20代男性)など、愛情よりも別の狙いがあって交際していることが露呈すると、さすがに彼氏の気持ちも離れるようです。一度疑念を抱かれてしまうと、ただの思い過ごしだとしても誤解を解くのは困難なので、言動には気を付けましょう。

  • 【5】金銭感覚や人生観などに、決定的な溝を感じたとき

    「『リボ払いにすれば大丈夫!』とか深く考えずに大きな買い物をしようとする計画性のなさに呆れました」(20代男性)など、価値観の相違が別れの決断につながることもあるようです。こればかりはすりあわせが難しいかもしれませんが、彼氏に何か意見されたら、素直に耳を傾ける必要があるかもしれません。

軽い気持ちでしたことや言ったことで、地雷を踏んでいないかどうか注意したほうがいいでしょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock