意中のカレを落としたい!効果的に「色気」を見せるテク5パターン


気になる男性の気を引きたければ、上手に「色気」を見せつけたいもの。世の女性たちはいったいどんなワザを使っているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「意中のカレを落としたい!効果的に『色気』を見せるテク」をご紹介します。

  • 【1】髪をかき上げて、首筋やうなじを露出させる

    「ふわっと髪をかき上げたら、ほとんどの男の人は横目で見てきますよね」(20代女性)など、女性が不意にうなじを露出させる仕草は、多くの男性をドキッとさせるようです。ロングの人なら、サイドの髪を耳にかけて、片方の首筋だけをチラ見せするヘアスタイルにするのもアリかもしれません。

  • 【2】リップで唇につやを出す

    「唇って色気を象徴する部分なので、念入りにケアします」(10代女性)というように、性的な興奮を喚起しやすい「唇」をなまめかしく見せる人もいます。唇につやを出すだけでなく、チークを濃いめにのせて上気したような頬を演出するなど、メイクでフェロモンを振りまくのは王道でしょう。

  • 【3】スリットの入ったスカートや、襟ぐりの開いた服を着る

    「肌を出しすぎず、ちらっと見える程度に留めるのがいいみたいです」(20代女性)など、肌見せのバランスにも気を配るといいようです。短すぎるスカートなどで露出過多にするよりも、「見えそうで見えない絶妙な感じ」が男心をくすぐるので、上手にアイテムを選びたいところです。

  • 【4】生脚ではなく、あえて黒いストッキングを穿く

    「素肌の色が透ける感じがエロいと思って穿いてます(笑)」(20代女性)など、脚をむき出しにするより、むしろストッキングを穿いたほうが男性の目に留まるという意見もあります。厚みがあると、ただの防寒目的に見えてしまうので、30デニール未満のストッキングで透け感を出していきましょう。

  • 【5】香水を付け、女っぽい匂いをほのかに立ち上らせる

    「香りのアピールってすごいです。すれ違いざまにハッと立ち止まって振り返る、みたいな反応がある」(10代女性)というように、女性らしい香りで勝負する人もいます。ただし、付けすぎると「香害」になってしまうので、近づいたときにかすかに漂うくらいがちょううどいいでしょう。

何事もやりすぎるとあざとさが目に付いてしまうので、加減は考えたほうがいいでしょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock