「この子とは遠くない未来に別れるだろうな」と予感した理由5パターン


せっかくお付き合いすることになったのに、相手から「長く持たないだろうな」と思われているとしたら心外でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『この子とは遠くない未来に別れるだろうな』と予感した理由」をご紹介します。

  • 【1】時間にルーズなのが許せなくなってきたから

    「最近では『遅れてごめん』さえ言わなくなった。舐めてるとしか思えない」(10代男性)など、人を待たせて平気な態度で怒りを買うパターンです。自分では「このくらい許してもらえるはず」と思っていても、彼氏には「軽んじられている」ととらえられても仕方がないので、善意に甘えすぎないようにしましょう。

  • 【2】食べ物の好みがあまりにも合わないことに気づいたから

    「ラーメンやハンバーガーは体に悪いと即座に却下されてしまう。薄味とオーガニックの繰り返しではさすがに嫌になる」(20代男性)など、食べ物の好みが合わなすぎて、彼氏の不満が溜まってしまうパターンです。こだわりがあるのは仕方がないとしても、お互いに譲歩できるポイントを見つけないと、破綻を招くのは時間の問題かもしれません

  • 【3】気分屋すぎてついていけないと感じたから

    「常に機嫌の良し悪しに振り回されて、気持ちの休まるときがない」(10代男性)など、気分のアップダウンが激しすぎて彼氏を疲れさせてしまうパターンです。付き合い始めたばかりのころは新鮮に映る気まぐれな態度も、度重なるとワガママなだけだと受け止められてしまうので、ある程度は自制を心掛けたいところです。

  • 【4】すぐに怒るところにうんざりしてきたから

    「過去に付き合った女性のなかで、瞬時に別れを決したのは『すぐキレる人』でしたね」(20代男性)など、何かというとすぐにキレてしまう悪癖を、許しがたいと思われてしまうパターンです。怒りの沸点が低い自覚のある人は、できるだけ感情をコントロールする術を身に付けたほうがいいでしょう。

  • 【5】束縛されすぎて自由になりたいと思い始めたから

    「誰とどこにいるのかをいちいち報告させられる彼女とは半年持ちませんでした」(20代男性)など、彼氏のすべてを把握したがって、鬱陶しがられてしまうパターンです。彼氏のことが好きすぎて、つい頻繁に連絡してしまったり、行動を制限したくなってしまうタイプの人は、「私の存在って重くない?」と何かの折に確認したほうがいいかもしれません。

自分ではたいしたことがないと思っているような行動も、相手にしてみれば看過できない問題である可能性があるので気を付けましょう。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock