長年好きだった人への片想いを諦めるべきタイミング5パターン


一人の男性にずっと片想いし続けた経験のある人は少なくないでしょう。想いが成就しそうもない場合、どこで気持ちに区切りをつけるのが適切なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「長年好きだった人への片想いを諦めるべきタイミング」をご紹介いたします。

  • 【1】いくらアプローチしてもなびく気配がなかったとき

    「どんな手を使っても態度が変わらないようであれば、本当に気がないと判断したほうがいいかも」(20代女性)など、相手にその気がないことが明白なら、片想いを諦めたほうがいいようです。どうしても踏ん切りがつかないときは、はっきりものを言ってくれる女友達に頼んで引導を渡してもらいましょう。

  • 【2】進学や就職などでお互いの環境が変わるとき

    「『進学でカレが遠くに行ってしまう』とかはどうしようもない」(10代女性)など、相手や自分の置かれた状況が大きく変わってしまうときには、片想いを諦めたほうがいいようです。特に物理的に離れてしまう場合は、関係を詰めていくのも困難になってしまうので、自分としても納得しやすいのではないでしょうか。

  • 【3】「そういう目では見られない」ときっぱり振られたとき

    「『友達としてはいい奴だと思ってるけど、異性として好きになるのは無理』って言われたらさすがに…」(10代女性)など、「恋愛関係にはなれない」と明言されてしまったら、片想いを諦めたほうがいいようです。望みを捨てきれない場合は、「最後にもう一回だけ気持ちを聞かせて」と相手にお願いして、なんとかケリをつけたいところです。

  • 【4】25歳、30歳など区切りの年齢が見えてきたとき

    「女性の人生って計画的に考えないとあとで痛い目を見るので、線を引くのは大事だと思います」(20代女性)など、自分なりに設定した「節目」を目前に控えたら、片想いを諦めたほうがいいようです。「○歳までに結婚したい」「○歳までに出産したい」という目標がある人は、そこから逆算して「○歳までにパートナーを探す」と目安を決めましょう。

  • 【5】相手に彼女ができたり、結婚してしまったとき

    「相手に特定の女性ができてしまったら、もう付け入る隙はないですよね」(20代女性)など、好きな男性に彼女や婚約者が出現してしまったら、片想いを諦めたほうがいいようです。「それでもカレを奪いたい」という思いがぬぐえないとしても、その結果、多くの人を不幸にしてしまうと想像すれば、思いとどまることができるかもしれません。

好きな人を諦めるのは辛いことですが、運命の相手にまだ出会っていないことを信じて先に進むしかないでしょう。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock