多忙な男にとっての「理想の彼女」5パターン


忙しい男性とお付き合いすると、なかなか自分を構ってもらえなくて不満がたまってしまうもの。とはいえ、それを露骨にぶつけると険悪な雰囲気を招くだけなので、ある程度はわきまえが必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「多忙な男にとっての『理想の彼女』」をご紹介します。

  • 【1】彼氏が置かれた状況について理解がある

    「今の仕事をしている以上、猛烈な繁忙期があるのは仕方がないことをわかってくれる子だと付き合いやすいです」(20代男性)など、多忙ぶりの背景を理解してもらいたいパターンです。なぜ忙しいのか、いつ時間が空くのかなどを彼氏が説明してくれるようなら、しっかり聞いて頭に叩き込みましょう。

  • 【2】会えない日が続いても「落ち着いたらデートしようね」と待ってくれる

    「『仕事ばっかり優先されて悲しい』とかすねられても困ります」(20代男性)など、会えない状況が続いても、文句を言わずに待っていてほしいパターンです。彼氏を責めずに健気に様子を見守っていれば、「いつも放っておいてばかりでごめんね」と、何かおいしいものでもごちそうしてもらえるかもしれません。

  • 【3】呼んだらすぐ駆け付けてくれるほどフットワークが軽い

    「『ちょっと時間が空いたからお茶でも』にパッと対応してくれる人だとラクかも」(20代男性)など、多忙な時間の合間に会えそうであれば、すぐに駆け付けてもらいたいパターンです。ある程度なら応じてあげるとしても、あまりに頻繁だと「都合のいい女」扱いされている可能性もあるので、そこは見極めたほうがよさそうです。

  • 【4】縁の下の力持ちとして多忙な彼氏を支えてくれる

    「残業から帰ったら夕食を作って待っててくれてる…みたいなのに憧れます」(10代男性)など、いわゆる「内助の功」を期待しているパターンです。とはいえ、「勝手に掃除されるのは困る」「机の引き出しを開けてほしくない」など、彼氏なりの線引きがあるかもしれないので、世話を焼くならその確認は必要でしょう。

  • 【5】構ってあげなくても一人の時間を楽しめる

    「いつも彼氏とベッタリじゃなくて、自分の趣味や世界がある人だと安心して放置できる」(20代男性)など、精神的に自立していることを求めるパターンです。付き合い始めた彼氏が忙しい人なら、今からでも遅くないので、恋愛以外に夢中になるものを探しておきたいところです。

できれば彼氏に合わせてあげたいところですが、一方だけが我慢する必要はないので、あまりにひどい扱われ方をするようなら、一度しっかり話し合ったほうがいいでしょう。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock