「すぐに返信しなくていいよね」と既読スルーしてしまう女性からのLINE5パターン


気になる男性とLINEでやりとりする仲になったら、ことあるごとにトークして、親密さを増したいもの。しかしやみくもに連絡したところで、既読スルーされてしまっては意味がありません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『すぐに返信しなくていいよね』と既読スルーしてしまう女性からのLINE」をご紹介します。

  • 【1】メッセージを添えずにポツンと送られてきたスタンプ

    「スタンプだけの連絡にどう返信しろというんでしょうか」(20代男性)など、何も書き添えずに「スタンプだけ」というのは、やはり既読スルーされやすいようです。確実に反応してもらいたければ、相手のツボにはまりそうなスタンプを厳選するか、何らかの疑問文を付けて送るのが手堅いでしょう。

  • 【2】「今何してる?」と投げっぱなしの質問

    「暇だからちょっかいかけてきてるんだろうなとスルーします」(10代男性)というように、唐突な「今何してる?」は、あまり真剣に受け止めてもらえないかもしれません。構ってほしいのであれば、「もし暇ならこれから遊びに行かない?」などと具体的な誘いの言葉も追記したほうがいいでしょう。

  • 【3】「これから会社」など、ただの報告

    「『ふーん、そうなんだ』で終わりです」(20代男性)など、今していることやこれからしようとしていることを短文で伝えても、何の引っ掛かりもなく流されてしまうでしょう。「これから会社。今日は意外と肌寒いね。そっちは風邪とか引いてない?」などと気遣いの言葉を加えると、メッセージに体温が宿りそうです。

  • 【4】料理の写真に添えられた「おいしい!」という感想

    「気分が乗れば『どこの店?』とか返すけど、忙しいと後回しにするかも」(20代男性)というように、ありがちな「料理写真+コメント」の組み合わせも、男性の食いつきはさほど期待できないようです。「珍しい地鶏なんだって。肉質がしっかりしていて味も抜群。お勧めだよ!」などと食レポ部分をもう少し頑張りたいところです。

  • 【5】「疲れたー!」など、自分の感情を吐き出しただけの言葉

    「『疲れた』や『眠い』って、特に何かコメントを求めてるわけじゃないですよね」(10代男性)など、ただ感情を吐露するだけでは、相手のリアクションを引き出すのは難しいようです。「眠いよー。眠気覚ましってどうすればいい?」と疑問文にしたり、「疲れた私に元気を注入してください」とお願いごとをすると、返信だけはもらえるでしょう。

ほんの少しの工夫で何らかの反応を得ることは可能になるようです。できることから始めてみましょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock