友達に会わせたくなる「自慢の彼女」5パターン


大好きな彼氏にとって、自分が「自慢の彼女」であるのかどうかは気になるところです。では、世の男性たちはどのような女性を、付き合うと「自慢」に思うのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「友達に会わせたくなる『自慢の彼女』」をご紹介します。

  • 【1】誰の目から見ても美人である

    「彼女がものすごい美人だったらみんなに見せびらかしたくなるでしょうね(笑)」(10代男性)というように、容姿端麗な彼女を自慢したくなるパターンです。もとの顔立ちは変えられないとしても、メイクやヘアスタイルを研究して、「雰囲気美人」を目指すと彼氏に喜んでもらえるに違いありません。

  • 【2】礼儀正しく、初対面で「ちゃんとした女性」の印象を与える

    「ガラが悪かったり、挨拶もできなかったりする子だと、危険すぎて誰にも会わせられない」(10代男性)など、パッと見の印象がいいかどうかも重視されているようです。普段は気取らないキャラだとしても、目上の相手や初対面の人の前では言葉遣いを正すなど、状況に応じて態度を使い分けられるようにしましょう。

  • 【3】「料理上手」「子ども好き」など家庭的なスキルが高い

    「『彼女が料理上手』って男にとっては誇らしいことなんです」(20代男性)など、女性が思う以上に「家庭的な女性」は支持されているようです。料理が苦手な人は、「卵焼きだけは上手」というように、何か一つだけでも「得意料理」を身に付けておくと、彼氏に喜んでもらえるでしょう。

  • 【4】「ミス○○」など、人をあっと言わせる肩書がある

    「野球選手が女子アナと付き合うのと同じで、ハイスペックな彼女はやっぱり自慢したくなるもの」(20代男性)など、「わかりやすい肩書」がある女性は男性の自尊心をくすぐるようです。とはいえ、この手の「武器」を持つ女性は珍しいので、何もないからといって気にする必要はないかもしれません。

  • 【5】気配りができるので、誰に会わせても心配がない

    「相手に応じてうまく接してくれる子だと、どんなところに連れて行っても安心」(20代男性)というように、コミュニケーション能力に長けた女性は、彼氏からの信頼も厚いようです。彼氏の仲間内の飲み会などに連れていかれる場合は、「お披露目される」ことを念頭において、「気の利く彼女」を演じたいものです。

彼氏のタイプによって重視するポイントは変わってくるので、「私のことを友達に自慢するとしたらどんなところ?」と一度聞いてみてもいいでしょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock