「うわっ、品がない」とドン引きされる食事デートのNG行動5パターン


美味しいものを囲んで会話も生まれる「食事デート」は、気になる男性との距離を一気に縮める絶好のチャンスでしょう。しかし、女性としての株を下げるようなことをしてしまうと、「次」に誘ってもらえないかもしれないので、気を引き締めて臨む必要がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『うわっ、品がない』とドン引きされる食事デートのNG行動」をご紹介します。

  • 【1】箸をクロスしたり、肘をついて食べるなど、「行儀が悪い」

    「正直、『育ちが悪いのかな?』って思ってしまいます」(20代男性)というように、「食事の作法」に目を光らせる男性は少なくありません。箸の下に手を添える「手皿」など、上品なつもりの仕草が実は「マナー違反」の場合もあるので、うろ覚えな人は事前に確認するといいでしょう。

  • 【2】せっかくの食事タイムなのに、「他人の悪口ばかり言う」

    「二人でディナーを楽しもうって気持ちがないんですかね」(20代男性)というように、食事中の話題選びにも注意すべきでしょう。ネガティブな発言を慎むだけでなく、口にものを入れたまましゃべらないようにするなど、「話し方」にも気を配りたいところです。

  • 【3】くちゃくちゃ噛んだり、鼻水をすすり上げるなど、「不快な音を出す」

    「ただただ不愉快だし、ほかのお客さんにも恥ずかしいです」(10代男性)というように、自分では無意識のうちに出してしまう「音」も、相手にとっては耳障りな場合があるようです。とくに「クチャラー」は周囲に敬遠される原因にもなってしまうので、デートであるかどうかに限らず、早めに直したほうがよさそうです。

  • 【4】一口ちょうだいと箸を伸ばして、「人の皿から料理を奪う」

    「普段から家族にやってることなんでしょうけど、それはちょっとと思います」(10代男性)というように、悪気のない「一口ちょうだい」で嫌われてしまうパターンです。大衆的なお店でお皿をシェアしているならともかく、一人ずつに食事が供される場合は、いきなり箸を伸ばすとギョッとされてしまうでしょう。

  • 【5】自分でたくさん頼んだくせに、ほとんど口を付けないなど、「平気で料理を残す」

    「『無責任だな』とガッカリしますし、大人の女性のやることじゃないです」(20代男性)というように、好きなだけ注文して残す節操のなさも、男性を不快にさせるようです。もし口に合わない場合は、「実は苦手な味でした…」と正直に打ち明けて、ワガママだと思われないように予防線を張りましょう。

食事中の振る舞いには「普段の自分」が出やすいもの。マナーに自信がない人は、あらかじめ動画などで学習してからデートに向かいましょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock