結婚相手の女性に望む「譲れない条件」5パターン


交際中の彼氏に「結婚」を意識させたければ、自分が妻としてふさわしい女性であることを印象付けるのが近道でしょう。世の男性は、人生のパートナーに対してどのような「条件」を思い描いているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「結婚相手の女性に望む『譲れない条件』」をご紹介します。

  • 【1】何があっても嘘をつかないこと

    「結婚は『契約』ですから、嘘をつかないことが大前提になります」(20代男性)など、伴侶に対して誠実であることを求める男性は少なくありません。生真面目な彼氏に結婚を決意させたければ、日ごろから信用を得る努力が必要でしょう。

  • 【2】困ったときはお互い助け合えること

    「『病めるときも健やかなるときも…』って結婚生活の基本ですから」(20代男性)というように、支え合って生きていくことを望む人もいます。相手の窮地には親身になって寄り添ってあげると、「人生を共にしたい」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【3】ずっとキレイなままでいてくれること

    「年を取るのはお互い様ですが、いつまでも身綺麗でいてほしいです」(20代男性)など、できれば容姿を保ってほしいというのも多くの男性の本音のようです。母親が年を重ねても美貌を保っている場合は、彼氏に安心してもらうために、早めに会わせておくのもアリでしょう。

  • 【4】どんなときも自分の味方でいてくれること

    「何があっても奥さんにだけは自分の味方でいてほしいです」(20代男性)というように、パートナーには「よき理解者」であることを期待する声もあります。彼氏に悩みを相談されたら、聞き役に徹して「こいつだけはわかってくれる!」と思わせてしまいましょう。

  • 【5】死ぬまで自分だけを愛してくれること

    「死ぬまで自分一人を見ていてほしい。それだけです」(10代男性)など、やはり「愛情」を重視する男性は多いようです。「大好きだよ」と毎日伝え続ければ、「こんなに愛してくれる女性はほかにいない!」とわかってもらえるかもしれません。

「結婚」に向けて彼氏の背中を押すためには、「この人こそ自分の伴侶である」と認識してもらうことが不可欠です。彼氏にとって何が最重要事項なのかを見極めて、賢く振る舞いましょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock