彼女に他言してほしくない「二人だけの秘密」5パターン


どんなカップルにも「二人だけの秘密」があるものです。自分ではノロケのつもりで誰かに話したネタが、彼氏にとっては「隠しておきたい秘密」かもしれないので、注意するに越したことはないでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「彼女に他言してほしくない『二人だけの秘密』」をご紹介します。

  • 【1】○○にゃん、○○りんなど、人前では絶対口にしない「彼女の呼び名」

    「実は彼女を『○○ぴょん』と呼んでるんですが、誰かに知られたら死ぬほど恥ずかしい」(10代男性)など、独自の「彼女の呼び名」を隠したがるパターンです。赤ちゃん言葉や変わった語尾を付けるといった「恋人語」も、人前で使うものではないので、第三者の前でさらすのはご法度でしょう。

  • 【2】おならをしたら罰として500円払うなど、「二人だけのおかしなルール」

    「『ごめんなさいしたあとは、犬になりきって反省する』とか、謎ルールが多いんですが、人には言えません」(20代男性)など、二人の間だけで通用する「交際ルール」も、むやみに他人に明かすものではないようです。こちらが恥ずかしいと思わなくても、彼氏はそうではないかもしれないので気を付けたいところです。

  • 【3】家の中では猛烈な甘えん坊に変身するなど、「普段とのギャップ」

    「みんなにはクールなキャラだと思われているので、甘えん坊なところは隠しておいてもらいたい」(10代男性)というように、彼女の前でだけ見せる「素顔」をバラされたくない人は少なくありません。「虫が怖い」「真っ暗だと眠れない」など、本人がひた隠しにしている弱点も、面白がって誰かに話すと恨みを買うかもしれません。

  • 【4】出会い系サイトで知り合った、友達の彼女を奪ったなどの「交際のきっかけ」

    「彼女は家庭教師時代の教え子だったんですが、それを話すといろいろ詮索する人もいるのでちょっと…」(20代男性)など、「交際に至った背景」を気にする男性もいます。自分では「運命の出会いだった」と信じていても、彼氏の了承を得ずに人に明かすのはやめておきましょう。

  • 【5】彼女のおへその匂いをしつこく嗅いでしまうなど、「エッチのときの変な癖」

    「どんな前戯をするとか、上手・下手みたいなのをバラされたら、許せないかも」(20代男性)というように、エッチに関する事柄を他人に話すのはさすがにまずそうです。性器の大小など、裸を見たことのある人しかわからない身体的な特徴を漏らすのもトラブルのもとになるでしょう。

悪気はなくても、彼氏の怒りを買ってしまうおそれがあるので、「恋人だから知り得たこと」を誰かにしゃべるのは褒められたことではないでしょう。(田中健斗)
Photo:All images by iStock