ツーショット写真がかわいく撮れるポーズ9パターン


デート中の写真は二人の手元に残るもの。気になる男性と撮るときは、なるべく可愛く写りたいというのが女心なのではないでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「ツーショット写真がかわいく撮れるポーズ」を尋ねてみました。

  • 【1】「レンズに対して顔をななめに向けての上目遣い」で大きな瞳を演出する。

    「ちょっとぶりっ子っぽいけれど、写真だと自然!」(10代女性)というように、つぶらな瞳を強調すると、可愛らしく写ることができるようです。カメラをやや上にかざして、レンズを下に向けるようにすると自然な上目遣いができるでしょう。

  • 【2】「男性の首元に顔をよせるポーズ」で、小顔効果とさりげないスキンシップをはかる。

    「大きな顔がごまかせる。ラブラブに見えるし」(10代女性)というように、小顔で雰囲気のいい写真を撮ることができます。首元に顔を近づける自然なスキンシップは、シャイな男性と仲良くなるきっかけにもなるでしょう。

  • 【3】「男性より一歩下がり、ピースサインで顔の輪郭を隠すポーズ」で、華奢で可愛らしい感じを見せる。

    「男性よりも小さく写れるので、大柄な女子にオススメ!」(20代女性)というように、体と顔を小さめに見せることができます。男性との体格差があまりない場合は、このポーズを試すといいかもしれません。

  • 【4】「口元を手のひらで隠すポーズ」で、目を強調し、口元をぼかす。

    「目元だけ写るから、顔の感じを多少ごまかせる」(30代女性)というように、口元を隠して可愛いところだけを強調する女の子もいます。「笑顔になったときの自分の口元が嫌い」など、コンプレックスがある場合は思い切って隠してみてもいいかもしれません。

  • 【5】「本気でカメラに照れるポーズ」で、自然なはにかみ顔をつくる。

    「思いっきり照れてる感じが伝わり、楽しそうでいい」(10代女性)というように、照れた表情をそのまま写真におさめる女の子もいます。中途半端に照れると「半笑い」になってしまう恐れがあるので、思い切り恥ずかしがりましょう。

  • 【6】「くしゃくしゃな笑顔」で楽しげな雰囲気を演出する。

    「変な小細工はいらない! やっぱり笑顔がいい!」(20代女性)というように、笑顔で写るのが一番可愛いと語る女の子もいます。思いっきり笑って、飾り気のない笑顔を撮れば、楽しい思い出だけを記録する写真となるでしょう。

  • 【7】「かがんで男性との身長差を出すポーズ」で、小さく見せて女の子らしさをアップ。

    「男性よりも背が高いのをごまかせるし、控えめな感じに見えるのでGood!」(20代女性)というように、男性と身長差がないときはかがんで小さめに写るという女の子もいます。自分を小さく見せようとするけなげな姿が、男性の胸を打つかもしれません。

  • 【8】「ほっぺたにキスするふり」で、表情を可愛くごまかす。

    「ほっぺにチュウのポーズは女の子っぽいし、横顔で目を閉じているから顔もごまかせる」(10代女性)というように、キスするふりで可愛く見せるという女の子もいます。付き合う前の男性が女の子の好意を確信し、告白する勇気が湧くという効果もあるかもしれません。

  • 【9】「思いきり男性にくっつくポーズ」で、ラブラブな雰囲気を演出する。

    「すでに付き合っている雰囲気になる。写真のときは大胆に行くべし!」(20代女性)というように、男性の体に密着して撮影するという女の子もいます。恋人同士のようなラブラブな雰囲気で撮影すれば、その後のデートも盛り上がること間違いなしでしょう。

ほかにはどんな「ツーショット写真がかわいく撮れるポーズ」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock