「上目遣いの自撮り写真」で与えてしまう悪印象9パターン


SNSなどに自撮り写真をアップするときは、誰だって「ベストな角度」を意識するもの。フェイスラインがシャープに見えて小顔効果も高い「上目遣い」は定番のアングルですが、多用しすぎるとかえって男ウケが悪くなることもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『上目遣いの自撮り写真』で与えてしまう悪印象」をご紹介します。

  • 【1】「実物はもっと顔がぽっちゃりしてるよね?」と突っ込まれる

    「顎がほっそりして、目が大きく見えるトリックだろ!と思う」(10代男性)というように、実際の姿との違いを突っ込まれるパターンです。もし本当にそうなら、指摘された時点で「盛ってみた(笑)」とフォローを入れるとよいかもしれません。

  • 【2】「男性に媚びる計算高いタイプ?」と邪推される

    「一般的に、上目遣いをする女性は腹黒い」(20代男性)というように、男性を手玉に取る悪女だと勘ぐられるパターンです。同じ上目遣いでも、せめてキリッとした表情にすれば媚びている感じは与えないかもしれませんが、やりすぎると「怖い」と思われるので注意が必要でしょう。

  • 【3】「自意識過剰で気持ちが悪い…」と敬遠される

    「自分大好き!な感じで、ベストショットを追求したんだろうなあ、と(苦笑)」(10代男性)というように、ナルシストっぽい印象を持たれてしまうパターンです。あまりにもキマってしまったら「100回撮り直した奇跡の一枚です」とコメントを添えてネタにしてしまいましょう。

  • 【4】「自分がかわいいと思っていて性格が悪そう」と決めつけられる

    「みんなから『かわいい』って言われ慣れてそうで、鼻につく」(20代男性)というように、褒められて当たり前だと思っている傲慢女だと見なされてしまうパターンです。キメキメの写真ばかりではなく、たまには変顔も公開するとバランスが良くなりそうです。

  • 【5】「いい大人なのに、精神的に幼いんじゃない?」と見下される

    「10代ならまだわかるけど、アラサーの女がやってると思うと引く」(20代男性)というように、精神年齢が低いと見なされてしまうパターンです。「カフェでのワンシーン」や「野に咲く花」といった自撮り以外のカットを挟むと、自己顕示欲が薄まるかもしれません。

  • 【6】「とりあえず『かわいい』と言わなきゃいけないんだろうな」と面倒がられる

    「知り合って間もない頃だと先が思いやられる」(20代男性)というように、男性に依存するかまってちゃんだと警戒されるパターンです。リクエストもされていないのに自撮り写真を送りまくるといった行為も慎んだほうがよいでしょう。

  • 【7】「何度も撮り直しをしているんだろう」とヒマ扱いされる

    「ライティングとかにものすごい工夫の痕跡があると、何とも言えない気持ちになる」(10代男性)というように、自撮り写真に情熱をかける暇人だと呆れられるパターンです。そのうえ、公開頻度が高すぎるとイタいと思われてしまうので、「最高の一枚」は小出しにするのがよさそうです。

  • 【8】「いろんな男を知っていそう」と経験豊富だと思われる

    「男のツボを心得ていそうっていうか、いろんな人と付き合ってきたんだろうなと」(10代男性)というように、男好きだと思われてしまうパターンです。勘違いされたくなければ「自撮り写真って難しい」などとボヤいて初心者を装うとよいでしょう。

  • 【9】「こんなのに引っかかる程度の男だと見なされたら嫌だ」と敬遠される

    「婚活サイトとかで知り合った子から上目遣いのキメ顔が送られてくると、逆に身構えますね」(20代男性)というように、まるで試されているような気持ちにさせてしまうパターンです。何事も「過剰」なのはよくないのかもしれません。

いずれにせよ、今どき「上目遣いの自撮り写真」というのも古いようです。あなたの魅力を伝えながらも、盛りすぎていない自撮り写真を研究したいものです。(熊山 准)
Photo:All images by iStock