合コンで初対面の男性ともそこそこ盛り上がる無難な話題9パターン


合コンで初対面の男性の前に座ってしまったら、何を話していいのか迷ってしまうもの。相手の情報をまだほとんど持っていない段階でも、会話のキャッチボールを成立させるには、どんな話題を選ぶといいのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「合コンで初対面の男性ともそこそこ盛り上がる無難な話題」をご紹介します。

  • 【1】「私、○○生まれなんですけど、あなたはどちらですか?」と出身地を聞く

    「お隣の県と分かって急に親近感が湧いたことがあった」(20代男性)など、出身地はそこから話題を広げられそうなテーマの一つでしょう。「絆創膏のことを何と呼んでいたか」などの方言ネタにつなげていけば、皆でわいわい盛り上がれそうです。

  • 【2】「職場に困ったおじさんっていません?」と会社あるあるネタに持ち込む

    「その手のネタなら事欠かないので、いくらでも話せる」(20代男性)など、一日のほとんどを過ごす会社は、ビジネスパーソンにとって話題の宝庫のようです。今頑張っている仕事についてなど、熱いトークに共感してあげるのもよいでしょう。

  • 【3】「この辺に美味しいラーメン屋さんってありますか?」とたいていの男性が詳しそうなことを訊ねる

    「男って基本的に教えたがりだから、質問されたら全力で答えてしまう(笑)」(20代男性)など、相手が食いつきそうなネタを振ってあげるのもよさそうです。「食べてみたい!」と目を輝かせて聞いてあげたら、相手も悪い気はしないでしょう。

  • 【4】「面白い人たちばっかりですけど、どこで知り合ったんですか?」と男性陣のつながりを聞く

    「『こいつとの出会いは…』と、ほかのメンツを巻き込んで話せるから、こっちもラク」(20代男性)というように、男性陣の関係性も、気楽に話しやすい話題のようです。マンツーマンだといまいち会話が弾まないようなら、グループトークに持ち込んでいくのもありでしょう。

  • 【5】「これだけは食べられない苦手なものってあります?」と、手堅い食トークを振る

    「パクチー好きとアンチに分かれて大討論(笑)」(20代男性)など、食べ物のネタも話が尽きないようです。食べ物の好みから、性格を垣間見ることもできるでしょう。

  • 【6】「今まで観た中で一番面白かった映画って何ですか?」と趣味を探る

    「自分が好きな作品のことを人に話すのって快感なので、つい夢中になってしまう」(30代男性)というように、その人の趣味やセンスを引き出すような質問をするのもいいでしょう。自己紹介から男性のツボを探ってみるとよさそうです。

  • 【7】「小学生の頃って何が流行ってました?」と世代で共有できそうな話題を出す

    「小学生の頃のテレビやゲームの話は鉄板かも」(20代男性)など、懐かしネタも引きが強いかもしれません。ただし、年代が離れるとギャップばかりが際立ってしまうので気を付けましょう。

  • 【8】「運動神経よさそうですよね。何かスポーツやってます?」とオフの過ごし方を聞く

    「何もやってなくても『筋トレを少々…』とか答えれば、こっちも格好がつきます(笑)」(30代男性)など、スポーツのネタも間が持つようです。「実はブラジリアン柔術にはまってて…」などとマニアックな話を披露されたとしても、退屈さを表に出さないよう注意しましょう。

  • 【9】「モテそうに見えますけど、告白されたことってあります?」とさりげなく恋愛トークに誘導する

    「そういう場にふさわしい話題だから、テンションは上がる」(20代男性)というように、恋バナに持ち込んで合コンらしさを演出するパターンです。ちょっといいなと思う相手なら、ここぞとばかりに恋愛観を聞いてしまいましょう。

一問一答で終わらないような質問を工夫すれば、それなりに会話のラリーは続くようです。いくつか方向性を変えてネタをストックしておくとよいでしょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock