マイルドすぎて彼氏にまったく伝わらない「別れの言葉」9パターン


彼氏とお別れすることに決めたとしても、できれば相手を傷つけたくないもの。とはいえ、遠回しにこちらの意思をほのめかす程度では、別れ話だと気づいてもらえないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「マイルドすぎて彼氏にまったく伝わらない『別れの言葉』」をご紹介します。

  • 【1】がんばれよ!と普通に応援されてしまう「仕事に集中したい」

    「てっきり励ましてほしいのかと…」(20代男性)というように、仕事を理由に別れを匂わせて、的外れなリアクションしか得られないパターンです。「交際を続ける余裕がない」などと畳みかけて、彼氏の存在が重荷になっていることを、なんとか気づかせたいところです。

  • 【2】暇ができたら連絡して!と受け流されてしまう「これから忙しくなるから」

    「単なる業務連絡だと思った」(10代男性)というように、「忙しい」「時間がない」などのよくある事態を持ち出しても、別れ話だとは認識されないようです。「いつ連絡できるか分からない」とまで言えば、さすがに事の重大さを感じてもらえるでしょう。

  • 【3】そういう分野もあるね!と納得されてしまう「私たちは趣味が合わない」

    「合わない部分があって当然だから、ぜんぜんピンと来なかった」(20代男性)というように、「趣味の不一致」を指摘するだけでは、別れを望んでいることまでは伝わらなさそうです。いっそ「性格が合わない」と誇張してしまったほうが、話が早いかもしれません。

  • 【4】少し休憩する?とのんきに提案されてしまう「私もう疲れちゃった…」

    「『そういう鈍いところに疲れたの!』って言われたけど、なにがなんだか(苦笑)」(20代男性)というように、唐突に心情を吐露して「これで察して!」と期待するのは、さすがに無理があるようです。明言を避けたいなら、重々しい雰囲気を作ってから口火を切る必要がありそうです。

  • 【5】ベタ褒めじゃん!とむしろ喜ばれてしまう「あなたは私にはもったいない」

    「素で照れた。まさか別れ話だったとは…」(20代男性)というように、彼氏を傷つけまいとして、「褒め」を前面に出すのは善し悪しのようです。持ち上げて落とす結果になってしまうので、彼氏のためを思うなら、先に別れを宣告すべきかもしれません。

  • 【6】俺もだよ!と途中で話を遮られてしまう「あなたのことは好きだけど…」

    「少し間が空いたから、『俺も』って同意しちゃったんですが」(20代男性)というように、愛情を示しながら別れをほのめかすのも難しそうです。間髪入れずに「交際の見直し」を持ち出せば、こちらのペースで話を進められるでしょう。

  • 【7】毎週会うのは多すぎた?と妙な反省をされてしまう「少し距離を置きたい」

    「デートの頻度を減らしたいのかな、くらいにしか考えなかった」(10代男性)というように、別れの意思を伝える「定番の一言」でさえ、効かない場合もあるようです。ズレた反応を返されたら、ストレートに「別れ」の二文字を持ち出すしかなさそうです。

  • 【8】もはや家族同然!とポジティブに受け取られてしまう「トキメキを感じない」

    「交際3年目だしなあ…と感慨深く思ってしまった」(20代男性)というように、厳しめの一言を放ったつもりが、狙いとは正反対の意味に取られてしまったケースです。「だから別れたい」と補足説明して、彼氏の前向き思考に待ったをかけましょう。

  • 【9】プロポーズを待ってる?と勘違いされてしまう「私たち、そろそろ潮時だと思う」

    「次の段階に行きたいのかなって…」(20代男性)というように、「潮時」などのぼかした表現だと、現状に不満があることしか伝わらないようです。話が妙な方向へ進んでしまう前に、キッパリと意思表示したほうがお互いのためでしょう。

思いやりは大切ですが、別れる覚悟を決めたら、毅然とした態度で交際に終止符を打ちましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock