既読スルーさせない!LINEで男子が食いつく鉄板の画像9パターン


気になる男子にLINEを送るなら、確実にリアクションを得たいもの。まだ関係が親密でない場合は、食いつきのよさそうなネタを投下して、なんとしてもやりとりを成立させたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「既読スルーさせない!LINEで男子が食いつく鉄板の画像」をご紹介します。

  • 【1】おまえどうしたの?といじってほしい「変顔画像」

    「えっ、あの子が…という驚きで、『何?』と即レスしてしまった」(10代男性)というように、男性の想像を超える形相で意表を突く作戦です。ただし「変顔」と「ブス顔」は違うので、そこをはき違えてドン引きされないように注意しましょう。

  • 【2】飯テロで男心をつかむ!シズル感たっぷりの「肉画像」

    「やっぱり肉ですよ。肉塊を見て心を動かされない男はいません(笑)」(20代男性)というように、食べ物の写真のなかでも、とりわけ「肉」は、男性の興味を引きやすいようです。「食べるぞー!!」とコメントを付けたり、フォークを振りかざしている自分の姿をさりげなく添えてもいいでしょう。

  • 【3】誰もが突っ込みを入れずにはいられない「面白看板画像」

    「これ転送していい?と即レスしちゃいました(笑)」(10代男性)というように、ユニークな看板画像を盛り込んだLINEも、ギャグが分かる男性にはウケがいいようです。街歩きで目を光らせ、使えるネタを収集してみてはいかがでしょうか。

  • 【4】もしかしてすっぴん?と想像させる「起き抜け画像」

    「芸能人気取りか(笑)!と返さずにはいられませんでした」(20代男性)というように、微笑ましい起き抜け画像を送ると、クスッと笑ってもらえるかもしれません。ただし、あまりにもリアルなすっぴん顔だと男性も困ってしまうので、ある程度のクオリティは求められるでしょう。

  • 【5】これぞブサカワ!「ペット画像」

    「猫好きだから、肉球をフィーチャーした画像にプニプニしたくなって困った」(10代男性)など、入念なリサーチが功を奏したケースです。ペットを飼っていたら、これぞという奇跡の瞬間を押さえておきたいものです。

  • 【6】気合い入りすぎ?感想を引き出す「美容室でカットした直後の画像」

    「女の子ががんばって決めた姿を送ってくれたんだから、返すのがマナーでしょう!」(20代男性)というように、あえてキメキメの一枚を送り、礼儀として感想を述べなければと思わせてしまうパターンです。「いいね!」感覚のレスからやりとりにつなげていきましょう。

  • 【7】気の利いた一枚でリアクションを誘う「フキダシ入り画像」

    「とっておきのボケを期待されているのか…と真剣に考えてしまった」(20代男性)というように、無茶ぶりすれすれの画像で、男性の反応を試す手もあります。とはいえ、面白ボケに理解がある男性でなければ、スルーされるおそれもあるでしょう。

  • 【8】こぼしたり割ったり盛大にやらかして気を引く「失敗画像」

    「卵をパックごと床に落とした惨状に吹いた」(10代男性)というように、笑える「やらかし」も、男性のテンションを上げるようです。笑える失敗やミスはネタに使ってしまいましょう。

  • 【9】誰?と聞いてもらいたい「子どもの頃の画像」

    「元気すぎる姿に『えっ、男の子だったの?(笑)』と返した」(20代男性)というように、今の姿からは想像もつかない子ども時代の写真で興味を引くパターンです。ギャップがある秘蔵の一枚を見繕ってみてはいかがでしょうか。

ペットや面白看板の力を借りたり、変顔や失敗画像で普段とのギャップを演出したりと、画像のセレクトはアイデア次第です。ただ、連投したり、返信を強要したりすると引かれてしまうおそれもあるので気を付けましょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock