彼女候補から除外されてしまう「デート中のとっさの一言」9パターン


デートで会話が弾み始めたら、少しずつ緊張感が薄れていくもの。それ自体は喜ばしいことですが、うっかりガサツな一言を口走って、「こんな女性だったのか…」と幻滅される展開だけは避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼女候補から除外されてしまう『デート中のとっさの一言』」をご紹介します。

  • 【1】ディナーの席で漏らすと白い目で見られてしまう「うまっ!」

    「思わず素が出たというか…。意外と口が悪くて失望した」(20代男性)というように、おいしいものを口にしたときに粗野な表現を用いると、お食事デートが台無しになってしまうようです。ここは「おいしい!」と瞳を輝かせるのが正解でしょう。

  • 【2】俺の話ってそんなに退屈?と男性をガッカリさせてしまう「ふーん」

    「相手の反応がだんだん雑になってきて、話す気が失せた」(10代男性)というように、無意識に気のない相づちを返して、男性をシラケさせてしまうケースです。同じ「ふーん」でも、興味津々の顔つきで言えば、不快な思いをさせずに済むでしょう。

  • 【3】あざ笑うような態度だと、高飛車な印象を与えてしまう「フッ…」

    「こっちの被害妄想かもしれないけど、バカにされてる気がして…」(20代男性)というように、鼻を鳴らしてクスリと笑うと、あらぬ誤解を招いてしまうようです。まだ親しくない相手との会話では、喜怒哀楽を分かりやすく表現したほうがよさそうです。

  • 【4】やたらに連発すると、頭が悪そうに見られそうな「ヤバい」

    「単なる友達ならいいけど、真剣に付き合うのはキツいでしょ」(10代男性)というように、なんでも「ヤバい」で片付けるのもまずそうです。賢く見られたいかどうかは別として、「話していて楽しい」と思われるよう、リアクションを工夫して損はないでしょう。

  • 【5】そんな聞き方しなくても!と相手をムッとさせてしまう「はぁ?」

    「イラついてるように見えて、こっちまで腹が立った」(20代男性)というように、聞き返すときの一言を選び間違えると、印象が急激に悪くなるおそれがあります。この機を逃さず渾身の「キョトン顔」を繰り出して、男性をキュン死させてしまいましょう。

  • 【6】冗談めかした口調でないと、ギョッとされそうな「お前が言うな」

    「ウケ狙いかと思って見たら真顔だったから、返す言葉がなかった」(20代男性)というように、相手のことを「お前」呼ばわりしたら、唖然とされて当然かもしれません。照れ笑いなどですぐにその場を取り繕って、重たい空気を一掃したいところです。

  • 【7】育ちが悪そう…と誤解されてしまう「バカじゃねえの」

    「いい歳した女性にあんな口の利き方されたら、百年の恋も冷めますよ」(20代男性)というように、荒っぽい言葉を口にすると、致命的な結果を招きそうです。「いいかげん直さなきゃ」と思っている口癖があったら、本腰を入れて矯正したほうがいいでしょう。

  • 【8】イラッとしたとき、とっさに口をついて出てしまいそうな「チッ!」

    「店員さんに向けた苦々しい表情とセットで、記憶に残ってる」(20代男性)というように、思わず舌打ちしてしまい、取り返しのつかない事態に陥るケースです。愛想笑いでリカバーするのも難しそうなので、うっかりやらないよう注意するしかないかもしれません。

  • 【9】こっそり言えば言うほど、性格の悪さがにじみ出る「キモッ」

    「腹黒い一面を見て、一気に気持ちが冷めた」(20代男性)というように、上から目線で誰かを軽蔑するような発言をすると、人格を疑われそうです。なんの指摘もなく黙ってフェイドアウトされるおそれもあるので、ささやき程度の失言でも油断は禁物でしょう。

リラックスしすぎると失言率が増しそうです。ある程度の緊張感は保ちつつ、会話を楽しみましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock