お世辞と分かってもうれしい!女性からの絶妙な褒め言葉9パターン


お世辞だとわかっていても、女性に褒められて悪い気のする男性はいないもの。合コンなどで初対面の男性を前にしたら、スペックに自信がなさそうな人であっても上手に持ち上げて、明るい雰囲気を作っていきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「お世辞と分かってもうれしい!女性からの絶妙な褒め言葉」をご紹介します。

  • 【1】「頭の回転が速いって言われません?」とトーク力を褒める

    「文化系にとっては最高の褒め言葉だから、素直に嬉しい」(10代男性)というように、話術を認められるとテンションが上がる男性は多いようです。「ホントに!?」「すごい」などとテンポ良くリアクションを返してあげると、ますます会話も弾むでしょう。

  • 【2】「その言い方、大人って感じがします」と成熟度を褒める

    「大人に見られて悪い気はしない」(20代男性)というように、内面の成熟ぶりに触れて、自尊心をくすぐるパターンです。憧れや尊敬のニュアンスが含まれるので、プライドの高い男性であればこれほど嬉しい言葉はないでしょう。

  • 【3】「声が落ち着いてて、すごく素敵です」と低音ボイスを褒める

    「そこを褒める?と意表をつかれて嬉しかった」(20代男性)というように、容姿やトークの内容ではなく、「声」を褒めるのも意外性があってよさそうです。「えっ、それほどでも…」と戸惑いを見せられたら、「心地いいから、ずっと話していたくなります」などと補足するのがスマートかもしれません。

  • 【4】「博学ですね!話していて飽きません」と知性を褒める

    「ウンチクに驚いてくれる女性には、ついついたくさん話したくなる」(20代男性)というように、博学ぶりを大げさに称賛するのも、ある種の男性にはたまらない刺激になるようです。たとえ既知の内容が混じっていても、初めて聞いたふりをしてあげましょう。

  • 【5】「仕事がデキる人って感じがします」と有能ぶりを褒める

    「一応、ビジネスマンなので、そこに触れられるのは嬉しいですね(笑)」(20代男性)というように、バリバリ働いている男性にとって「仕事がデキそう」ほどの殺し文句はないようです。「営業力がありそう」などと名刺から察せられるポイントに触れると「分かっている」感が強調できるでしょう。

  • 【6】「その一言、めっちゃツボにハマりました(笑)」と笑いのセンスを褒める

    「自分には『カッコいい』より、『面白い』のほうが百倍うれしい(笑)」(10代男性)というように、笑いのセンスを褒めてあげるのもよさそうです。会話の中でオチをつけるなど、常にウケを意識している男性であれば、そこを突くのが何よりの正解になるでしょう。

  • 【7】「あれ…俳優の○○さんに似てますよね?」とルックスを褒める

    「あまり言われることがないのでドキッとした」(10代男性)というように、イケメン有名人に似ていると指摘するのも、間接的な褒め言葉になりそうです。「○○さんより男っぽいかも」などと、その男性ならではのよさを強調すると、実際はたいして似ていなくても説得力があるかもしれません。

  • 【8】「何かあったとしても大丈夫そう」と頼りがいがあるところを褒める

    「外見には自信がないから、精神面を認めてもらえるとグッときますね」(10代男性)というように、男性の内面を理解した褒め言葉は、より深く心に刺さるようです。「信頼できる」「実直そう」といった言葉をまぶすといいでしょう。

  • 【9】「やさしい表情に癒やされちゃいます」と笑顔を褒める

    「笑顔がいいなんて言われたことがないので『ええーっ!』とパニックになりました(笑)」(10代男性)というように、笑顔を褒められて気分が良くならない人はいません。取り立てて見た目がいいわけではなく、性格にも特徴がなさそうな男性なら、「表情」を褒めるのが無難でしょう。

一種のコミュニケーション術として「褒め方」をマスターしておくと、さまざまな場面で応用できそうです。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock