「本当にこの人でいいの?」マリッジブルーの乗り越え方9パターン


結婚を前にした女性の心は、とかく揺れ動くもの。迷いや悩みを払拭して先に進むには、どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『本当にこの人でいいの?』マリッジブルーの乗り越え方」をご紹介します。

  • 【1】「実は迷っているの」と既婚の親しい友人に打ち明ける

    「『私もそうだったよ』と共感してくれて、ホッとしました」(20代女性)というように、すでに結婚を経験した友人なら、経験談も交えて気持ちに寄り添ってくれそうです。デリケートな問題なだけに、友人の中でも特に信頼のおける思慮深い人を選びたいものです。

  • 【2】「なぜ私は不安なのか?」とモヤモヤの原因を冷静に分析してみる

    「マインドマップ式に、自分の迷いやネガティブな感情を書き出してみたら、不思議とスッキリした」(20代女性)など、目に見える形にすることで、気持ちを整理する手法です。理論的なアプローチを好む女性に向いているでしょう。

  • 【3】「本当に彼で良いと思う?」と自分の母親に相談する

    「母自身も娘の結婚相手として彼を吟味したはず。同性ということもあり、母親の立場からの意見が参考になりました」(30代女性)というように、身内の考えを聞いてみるのもありでしょう。信頼できる姉妹に話を聞いてもらうのもよさそうです。

  • 【4】「そうだ、京都行こう」と一人旅に出るなど気分転換を図る

    「思い切って日常から離れてみることで、自分と向き合う時間ができた」(20代女性)など、普段と違う風景を眺めながら、じっくり自問自答してみるやり方です。結婚準備の忙しさのなかでつい流されそうなときなどは、特に効果があるかもしれません。

  • 【5】「今の気持ちのまま先に進みたくないの」と婚約者に思いのたけをぶつけてみる

    「彼に自分の思いを率直に告げてみたら、思いのほか真剣に受け止めてくれました」(20代女性)というように、当の本人に正面から体当たりする作戦です。ただし、婚約者自身がいっぱいいっぱいな可能性もあるため、相手にその余裕があるかどうかを確認したほうがいいでしょう。

  • 【6】「思いっきり深呼吸ー!」と大自然の中に身を置いて気持ちのリセットを試みる

    「晴れた日に一人でハイキング。森の空気を胸いっぱいに吸い込んだら、頭の中の霧が晴れるような気持ちになった」(20代女性)など、街を飛び出して自然の中でリフレッシュするのも一案です。山や海など、気持ちが切り替えられそうなスポットを選びましょう。

  • 【7】「もし結婚をとりやめたら」と仮定してさまざまな影響を想像してみる

    「披露宴会場のキャンセルとか、招待客への連絡とか考えたら、一気に面倒に。結婚に突き進む決心がつきました」(30代女性)というように、婚約を破棄することを想定してみる戦略です。「それでもまだ迷う」という場合は、本格的に中止を検討したほうがよいかもしれません。

  • 【8】「しばらくこの件には触らない」と時間が解決してくれるのを待つ

    「自分でも煮詰まり過ぎていると感じていたので、敢えて考えないようにしてみた」(20代女性)など、一定期間、放置することで、ほとぼりを冷ますのもよさそうです。時間がたってもなお、迷いがくすぶり続けているようなら、あらためて問題に向き直る必要がありそうです。

  • 【9】「そういえばあのときは嬉しかった」とプロポーズされたときの喜びを思い返す

    「結婚を申し込まれた場面を思い出したら、やっぱり一緒に生きていきたいという気持ちが甦ってきました」(20代女性)というように、一度、原点に立ち返ってみるやり方です。初めてのデートのときのドキドキや、ファーストキスの思い出などにも、同様の効果が望めるでしょう。

短期間にいろいろなことを決めたり、作業をしなければならない結婚前の準備期間。さまざまな方法を試して、モヤモヤした気持ちは吹き飛ばしておきましょう(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock