女性からの「いい人」という言葉に男性が傷つく理由9パターン


「いい人」という褒め言葉を額面通りに受け取らず、なぜかネガティブな意味を感じ取ってしまう男性は意外に多いようです。では、どうすればそのような誤解を防ぐことができるでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「女性からの『いい人』という言葉に男性が傷つく理由」をご紹介します。

  • 【1】「無害」「存在感がない」という意味と同じように思えるから

    「まるで空気のように扱われている気持ちになりました」(20代男性)など、影の薄さをからかわれているかのように受け取ってしまうケースです。安心感を伝えたいのなら、「一緒にいるとほっとする」などのポジティブな表現に改めたほうが良いかもしれません。

  • 【2】「面白味がない人」と言われているように感じるから

    「俺ってつまんない男なんだなと落ち込んだ」(20代男性)というように、人間としての深みを否定されたと感じる人もいます。多少、融通の利かないところがあったとしても、「誠実で信頼できる人」などと表現したほうが無難でしょう。

  • 【3】「いい人すぎて私とは釣り合わない」と敬遠されている気がするから

    「要するに、僕と付き合う気はまったくないってことなんですよね」(10代男性)など、距離を置きたいがために、自分を卑下してまで褒めようとするのだと曲解されるパターンです。「やさしくて親しみやすい」などの言い換えを検討したいものです。

  • 【4】結局「いい人」くらいしか的確な描写が見つからないということだから

    「ほかに言いようがないなんて、悲し過ぎる」(20代男性)など、それ以外に思い当たる言葉がなかったのだろうと誤解されるパターンです。「頼りになる」「信頼できる」といった、もう少し具体的な表現を使うと良いでしょう。

  • 【5】友達関係より先には進めないと言われているのに等しいから

    「『だからこれ以上、近づかないで』と言われている気がします」(20代男性)など、予防線を張っているような印象を与えてしまうこともあるようです。仮に友達以上になる気がないにせよ、「○○君って話しやすい」などと言い換えたほうが、好意的に受け止めてもらえそうです。

  • 【6】「最終的な滑り止め要員」程度の位置づけだとわかるから

    「『とりあえずキープしておく』くらいの扱いなんだと察します」(10代男性)というように、彼氏候補として見られていないと感じて傷つく人もいます。プライドの高い男性には、安易な褒め言葉は禁物かもしれません。

  • 【7】「性格はいいけど…」と別の要素が劣っているように響くから

    「結局イケメンじゃないからダメってことなんだろうと理解します」(20代男性)など、ことさら人柄だけを取り出して褒めているように映ってしまうこともあるようです。「いい人だしメカにも強い」など、ほかの褒め言葉とセットにすると良いかもしれません。

  • 【8】「だけど恋愛対象ではない」という言葉とセットになっているイメージだから

    「遠回しに『圏外』と言っているんだと思う」(10代男性)など、男性としての魅力を否定されたも同然だと受け止められてしまうケースです。「ちょっぴりミステリアス」などと付け加えることで、含みをもたせるのも一案でしょう。

  • 【9】自分を理解しようとするほどの関心がないことが丸わかりだから

    「『いい人』ということ以外に、僕のことを知ろうとしていないわけです」(20代男性)というように、無関心や冷淡さを察知してしまう男性も少なくないようです。「○○君でも怒ったりすることあるの?」などと興味を示せば、意外な一面が引き出せるかもしれません。

良かれと思って言っているのに逆効果では、元も子もありません。「いい人」というざっくりした言葉に頼らず、男性の本質を突いた効果的な褒め言葉を見つけてあげましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock