見逃さないで!遠距離恋愛中の彼氏にありがちな浮気サイン9パターン


遠距離恋愛は思うようにそばにいられないお付き合いなだけに、彼氏の心の揺れや周囲にちらつく女性の影を見抜くのが難しいもの。では、一体どんな兆候に気をつけたほうがいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「見逃さないで!遠距離恋愛中の彼氏にありがちな浮気サイン」をご紹介します。

  • 【1】近況を訊ねても、「ぼちぼちやってるよ」としか答えない

    「テンプレで返してくる感じ、怪しいですよね」(10代女性)というように、彼氏のレスが適当になるのは、ほかの女性に心を奪われているサインかもしれません。とはいえ、忙しくておざなりになっていることも想定されるので、すぐに感情的になるのではなく、しばらく様子を見ましょう。

  • 【2】以前は頻繁だったSNSの更新が滞る

    「外食している気配は感じるのに更新しないのはおかしい…と思ったら、案の定、女性と一緒だったらしい」(20代女性)というように、SNSに画像をアップしなくなるのは女性同伴だからかもしれません。料理の写真しか公開しないなど不審な場合は「誰と行ったの?」とかまをかけてもいいでしょう。

  • 【3】ファッションのセンスがガラリと変わる

    「今まで付けたこともなかったシルバーのアクセ。浮気相手からのプレゼント?と思ったら、案の定ビンゴでした」(20代女性)というように、もともとファッションに保守的な彼氏の場合、服装の変化の背景には女性の存在がありそうです。「どこのショップで買ったの?」などと探りを入れたほうがいいでしょう。

  • 【4】LINEの前置きが「最近忙しくて…」になる

    「連絡のたびに言い訳ばかり。こんなことはなかったのに…と勘が働きました」(10代女性)というように、やりとりのたびにエクスキューズを前面に出すのも、何か裏がありそうです。電話やデートを断られることが増えたら、「どんな仕事が忙しいの?」などと突っ込んでみてもいいでしょう。

  • 【5】「同僚との飲み会」が不自然に増える

    「飲み会と聞いた夜はいつも電源がオフ。何回か続いて、浮気の疑いが濃厚になりました」(20代女性)というように、仕事先の接待や同期会などを隠れ蓑にして女性と会っているパターンです。「いつも地下のお店で飲んでるの?」などと軽くジャブを打ち、反応を探ってみるのも手かもしれません。

  • 【6】インドア派だったのに妙に外出が増える

    「アウトドア好きになったのは変だと思ったけど、『今度一緒に行こうよ』と言ったら渋られた。怪しすぎる」(10代女性)など、週末の過ごし方が急に変わったときも、女性の存在を疑ってみる必要がありそうです。すっきりしないなら、写真のチェックなどをして、裏を取ったほうがいいでしょう。

  • 【7】サプライズの訪問を喜ばないどころか、むしろ嫌がる

    「何時に帰るの?などとそわそわし始めたのでピンときた」(20代女性)など、急な訪問で彼氏がボロを出すこともあります。「明日行くから」などとガサ入れを予告して反応を確かめるのは、いい警告になるかもしれません。

  • 【8】「今なにしてる?写真を送って」と頼むと露骨に慌てる

    「疑うしかないキョドり方だった」(10代女性)というように、彼氏が現在の状況を素直にレポートできないようなら、浮気を疑ってみてもよさそうです。会ったときには予告なしで「スマホの中身見せてくれる?」などと核心をついてみるのもありでしょう。

  • 【9】部屋に上がると、直前に片づけた気配がある

    「キッチンの洗いかごに食器が2組ずつ伏せてあって…。隠すならもっとうまくやれよ!と思いました」(20代女性)など、室内の様子から女性の気配を見抜くパターンです。バスルーム排水口の髪の毛など、男性視点ではチェックが甘そうなポイントもくまなく確認したいところです。

直接会っていないからこそ、見えてくるサインがあるものです。怪しさを感じたら、浮気を裏づける材料を丹念に探しましょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock