彼氏に「ワガママ」を聞いてもらえるベストタイミング9パターン


「かわいいワガママ」は、彼氏との関係にちょっとした刺激を与えてくれるもの。身勝手なお願いを「恋のスパイス」に変えるには、どんなタイミングで切り出すといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼氏に『ワガママ』を聞いてもらえるベストタイミング」をご紹介します。

  • 【1】一緒においしい物を食べて、お腹も心も満たされているとき

    「幸せな気分だったから、断るとか思いつかなかった(笑)」(10代男性)というように、楽しく食事をしたあとなら、多少面倒な話でも、にこやかに耳を傾けてもらえそうです。頼み事をするときは、いきなり持ち掛けず、まずは彼氏の胃袋を満足させるのが得策でしょう。

  • 【2】自分の誕生日や二人の記念日が近いとき

    「『交際一周年記念に指輪がほしい』と言われて、喜んでもらえるなら…と」(20代男性)というように、記念日にかこつけておねだりする方法です。普段は倹約家の彼氏でも、理由が理由だけにお金をケチるわけにはいかないと観念するでしょう。

  • 【3】成績や業績が上がるなど、彼氏の本業が絶好調なとき

    「全能感に満ちてたから、『なんでも言ってみなさい』と大きく出ちゃいました」(20代男性)というように、勉強や仕事がうまくいっていそうなときを狙うのもよさそうです。「さすが!」などと褒めたたえて、相手を気持ちよくさせてから話すのがコツでしょう。

  • 【4】彼氏のために手料理をふるまってあげたとき

    「がんばってくれたから、お返ししなきゃと思います」(20代男性)というように、こちらが相手に尽くすと、向こうもそれに応えたくなるようです。とはいえ、ストレートに見返りを要求すると、「そういう目的だったのか…」と幻滅されそうなので、さりげなく切り出しましょう。

  • 【5】向こうの都合でデートの約束がキャンセルされたとき

    「2回連続だったから、とても拒否できる状況ではなかった」(10代男性)というように、ワガママをぶつけて、彼氏に「借り」を返してもらう方法です。ただし、優位な立場を利用して無茶を言うと、「ワガママすぎだろ!」と逆ギレされる危険もあるので、ほどほどにしておきましょう。

  • 【6】お部屋デートの最中、甘いムードが漂っているとき

    「ああいうときは、なにを言われても『いいよ』と答えてしまいますよね(苦笑)」(20代男性)というように、いい雰囲気でまったりしているときも、お願い事をするチャンスかもしれません。体を密着させながらじっくり攻めれば、効果てきめんでしょう。

  • 【7】遠距離恋愛や仕事の都合などで、なかなか会えないとき

    「寂しくて言ってるのが分かるから、グッときた」(20代男性)というように、会いたくても会えない状況でワガママを漏らすと、愛情の裏返しとして受け取ってもらえそうです。だからといって「叶えてくれないなら別れる!」などと逆上するのは、相手を困らせるだけなので控えましょう。

  • 【8】デートの別れ際、お互いもう少し一緒にいたいと感じているとき

    「甘えてくる姿がかわいくて。こんなワガママならいくらでも言ってほしい」(10代男性)というように、帰りの道中でわざと聞き分けのないことを言うのも効果的でしょう。結局はそれぞれ帰路につくことになっても、彼氏の心を惹きつけることはできそうです。

  • 【9】ケンカをして、ようやく仲直りできたとき

    「しばらく連絡も取ってなかったから、ワガママが聞けてむしろ嬉しかった」(20代男性)というように、ケンカのあとのワガママは、仲直りの総仕上げをしてくれそうです。ワガママを言えるほど信頼していることが彼氏に伝われば、より一層絆が深まるでしょう。

ワガママを言ってムッとされるか「かわいい」と思われるかは、タイミング次第かもしれません。ワガママで二人の距離を縮めたいなら、「言うべきとき」を見極めましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock