引っ越し先に持っていく?取扱いに困る恋の思い出アイテム9パターン


持っていくもの、置いていくもの、捨てるもの…。引っ越しは身の回りのものを分別するいい機会ですが、恋愛に絡むアイテムの場合、取扱いに悩んでしまう人は少なくないようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「引っ越し先に持っていく?取扱いに困る恋の思い出アイテム」をご紹介します。

  • 【1】大好きだった元カレから贈られたアクセサリー

    「お気に入りだったら迷いますね。身に着けるものだけに…」(20代女性)というように、元カレからもらったアクセサリーを処分すべきかどうか悩む人は多いようです。元カレに未練がなく、モノとしても気に入っているのなら使い続けてもいいのではないでしょうか。

  • 【2】初めてのカレからもらったラブレター

    「念みたいなものがこもってる気がして、雑に捨てたらバチが当たりそう!」(10代女性)というように、元カレからの手紙も簡単には捨てられないアイテムのようです。冷静に考えれば、一生持ち続けるようなものではないので、メッセージが記憶に刻まれているのなら、引っ越しの機会に処分しても問題ないでしょう。

  • 【3】恋に恋していたころに書いたかなり力作の日記

    「捨てるのはしのびないけど、引っ越し先に持っていくのも微妙」(10代女性)というように、恋愛日記のたぐいも放置厳禁の危険物といえるかもしれません。実家を出て一人暮らしするための転居であれば、置き忘れて家族に読まれる痛恨のミスを避けたいところです。

  • 【4】高価なペアリングなど元カレとお揃いのアイテム

    「もうペアじゃないから持ってる意味もなさそうだし…」(20代女性)というように、ペアグッズの片割れも、売ったり誰かに譲ったりすることができないだけに、処分に悩むモノの代表格のようです。気持ちを切り替えるためにも、思い切って捨ててしまってもいいのではないでしょうか。

  • 【5】元カレからもらったかわいいぬいぐるみ

    「目を見ると捨てられない。この子に罪はないし…」(20代女性)というように、見るからに愛らしいぬいぐるみの処遇をめぐって頭を抱えた人もいます。情が移っているものなら、無理に捨てずにリサイクルショップに持っていくのもアリかもしれません。

  • 【6】遊びにきた元カレが忘れていった私物

    「コミックスが結構あって、勝手に捨てるわけにもいかず途方に暮れました」(20代女性)というように、部屋に残された元カレのものも処分に困りそうです。あとから返してと言われたくなければ、元カレの住所に送ってあげるのがスマートでしょう。

  • 【7】元カレも含む仲間と撮った集合写真

    「大切な写真だけど、嫌な思い出もよぎるので…」(20代女性)というように、元カレ込みの写真も判断に迷うアイテムのようです。部屋に飾っているならともかく、そんなに頻繁に見返すものでなければ、引っ越し先に持っていってもいいのではないでしょうか。

  • 【8】元カレとの旅行で買った記念品

    「バリで買った微妙な雑貨とか、どうしたらいいかわかんないですよね(笑)」(20代女性)というように、元カレとの旅行の記念に買った品も捨てがたいものがあるようです。ここはさくっと断捨離して、新しい彼氏と新しい思い出を作る方向に頭を切り替えましょう。

  • 【9】好きだった先輩からもらった制服の第二ボタン

    「憧れのままで終わりましたけれど、大切な青春の一ページなんです」(20代女性)というように、卒業シーズンにもらったボタンの取扱いもなかなか難しい問題のようです。数十年後に見返して、甘酸っぱい気持ちを思い出したいなら、引っ越し先に持っていってもいいかもしれません。

処分したほうがいいもの、持っていってもいいものの判断基準は迷うところですが、元カレへの未練や、別れた悲しみを思い出すものは潔く処分しましょう。そして、新天地で素敵な思い出を作っていきたいものです。(外山武史)
Photo:All images by iStock