【面食い必見!】イケメンとエッチするためのマル秘テク9パターン


飲み会や合コンの場でイケメンを発見した際、その人とすぐにでも関係を持ちたいと考える女性もいるのではないでしょうか。そこで競争率の高いいい男をGETするために、今回は20代、30代の面食い女性に聞いたアンケートをもとに、「【面食い必見!】イケメンとエッチするためのマル秘テク」を紹介します。

  • 【1】声や筋肉といった顔以外の要素を「セクシーね」と誉める

    「『顔がカッコイイ』は言われ慣れてると思うし」(30代女性)というように、他の女性が誉めない部分を誉めることで、気を引こうとする女性もいるようです。初対面の場合は、性格面よりも「私そのくらいの筋肉のつき方が一番好き」や「いい声って言われない?」など、第一印象でわかることに触れてあげた方が、相手はよりリアルな褒め言葉として受け取ってくれるかもしれません。

  • 【2】「私なんてどうせ魅力ないんだ」と自虐的になって同情を引く

    「イケメンは相手を励ます余裕があるからね」(30代女性)というように、気を使ってくれたことを機に、距離を縮める作戦もあるようです。相手が元気づけてくれたら「○○くんはカッコイイし優しいし完璧だね」と内面も同時に誉めてあげることで、男性に「自分の中身も観てくれている」と感じさせられ、好感度が上がるかもしれません。

  • 【3】ヤキモチを焼いて「単純だけどかわいい女」だと思わせる

    「男は嫉妬されて嫌な気持ちはしないでしょう」(20代女性)というように、元カノなどの話になった際に「その子が羨ましいな」などと嫉妬することで、かわいいと思わせる方法もあるそうです。しかし、度を超えるとただの「面倒な女」だと見られてしまってワンナイトラブのチャンスすらなくなってしまうので、注意した方がいいかもしれません。

  • 【4】「言うほどイケメンじゃないよ」とツンデレな態度をとる

    「誉めるだけなら他の女子でも簡単にできるからね」(20代女性)というように、最初にツンを見せることで、ライバルとの差別化を図ろうとする女性も。相手をディスるだけではなく、ふと「でも鼻は高いよね」や「ヒゲの生やし方はオシャレ」など部分的に誉めてあげて、アメとムチを使いわけると有効なのではないでしょうか。

  • 【5】「さんざん女の子泣かしてきたでしょ?」とヤリチン扱いする

    「遊び人って男によっては称号みたいなもの」(30代女性)というように、経験豊富さを好意的にいじるという女性もいました。相手をこのように評するときは、あくまでも「ヤリチンだから最低」ではなく、「さすがモテ男!」といったニュアンスを出すことが大事なのかもしれません。

  • 【6】「私、締まりがいいらしいんだよね」と名器アピール

    「『試してみたい!』って思うかもじゃん?(笑)」(20代女性)というように、自分とのエッチを想像させる大胆な女性もいました。ですが、あまり露骨に迫りすぎると相手を怖がらせてしまうので、軽い下ネタジョークくらいのノリでアピールするのがポイントのようです。

  • 【7】自分の過去の恋人の写メを見せて「元彼との夜が忘れられないの」と愚痴る

    「ちょっと悲劇のヒロインっぽくね(笑)」(30代女性)というように、「過去にとらわれている女性を自分色に染めたい」という男の欲求を刺激する方法もあるようです。ただし、あまり露骨にセックスのプレイ内容に言及すると、「ただのエッチ好きなのかも」と引かれてしまう可能性もありますので、注意した方がいいかもしれません。

  • 【8】「イケメンってエッチ下手だよね」とプライドを刺激する

    「そのときは笑って流してるけど、絶対心の底では闘志を燃やしているはず」(20代女性)というように、イケメン特有の矜持を逆撫ですることで、自分を見てもらうというやり方も。ですが、経験豊富な女性目線という雰囲気が出すぎてしまうと、自分がいつもイケメンとばかりエッチしているというただの自慢に取られてしまうので、あくまでも一般論であることを強調した方がいいのではないでしょうか。

  • 【9】自分が面食いであると素直に伝える

    「かなり早い段階で、『めっちゃ好きな顔』とはしゃいでみせる(笑)」(30代女性)というように、わかりやすく相手に好意を伝えることで、相手に「落とせる」と思わせるというテクニックです。この場合は、押して引いての駆け引きよりも褒めちぎっていかに相手をその気にさせるかが重要になってくるので、褒め言葉のバリエーションを多く覚えておくといいかもしれません。

複数のイケメン男性が集まる飲み会は決して多くないため、争奪戦になることは必至かもしれません。だからこそ勝負を分けるのは、他の女子がしないような切り口でいかに自分の存在をアピールするかにかかっているのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock