彼女につき合わされてウンザリすること9パターン


一緒にいたいと思うあまり、自分の行動を押しつけてしまい、彼氏をウンザリさせている女性は少なくないと思います。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考に、「彼女につき合わされてウンザリすること9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】美容部員との会話を聞くのが苦痛な「デパートの化粧品カウンター」

    「メイクの話を聞く気もしないので、2時間も横でボーっとするはめに」(30代男性)というように、興味のない場所で長時間待たされるのは、男性にとって苦痛のようです。カウンターでメイクの仕方を習うときは、ひとりで行ったほうがよいでしょう。

  • 【2】結局は荷物持ちにされるだけの「買い物」

    「『相談したいから来て』と言うけど、俺の意見が反映されたことはない」(30代男性)と、ぞんざいな扱いを受けることに不満を覚える男性は多いようです。荷物を持ってもらうだけでなく、彼氏のものを選んだり、意見を聞きながら買い物すると一緒に楽しめるでしょう。

  • 【3】彼女だけ夢中になっている「芸能人のイベント」

    「はしゃぎっぷりに引いた」(20代男性)など、ふだんとは違う彼女のテンションの高さに驚くという意見が寄せられました。異性の芸能人の場合、彼氏に嫉妬心を抱かせてしまうこともあるようです。もしどうしても彼氏に来てほしいなら、「来てくれてありがとう」など、感謝の言葉を忘れないようにしましょう。

  • 【4】コントロールするのは難しい「睡眠時間」

    「眠くないのに、横になるのはつらい」(20代男性)と、ライフスタイルを合わせることに苦痛を感じる男性は多いようです。同じベッドで眠るにしても、彼氏が「眠くない」「先に寝て」と言う場合は、その気持ちを尊重したほうがいいでしょう。

  • 【5】完璧に合わせるのは絶対ムリ!「彼氏に対する理想像」

    「努力はするけど、自分じゃなくなる気がする…」(10代男性)と、あまりにもかけ離れている理想像を期待されると戸惑う男性が多いようです。自分の要求を押しつけすぎると、「ほかの男を探せよ」と別れを告げられる恐れもあるので注意しましょう。

  • 【6】周囲の視線が痛い「下着売り場」

    「『一緒に選んで』と言われるのはうれしいけど…」(20代男性)というように、売り場に足を踏み入れるだけでも罪悪感でいっぱいになるという意見が多く聞かれました。彼氏好みの下着を選びたいなら、事前にリサーチをして、買うときはひとりで行ったほうがいいでしょう。

  • 【7】クリアできるまで指導をお願いされる「ゲーム」

    「ゲームで頼りにされてもうれしくない。しかも熱烈なゲームマニアだと知って幻滅」(20代男性)と、自分よりもゲームに熱中されることに対し、男性が引いてしまうこともあるようです。どんなにゲームが好きでも彼氏と一緒のときはほどほどにしておきましょう。

  • 【8】まだ家族にもなっていないのに彼女の家の「お墓参り」

    「結婚や婚約の話も出てないのに…」(30代男性)と、普通は家族で行くはずのお墓参りに連れていかれると、複雑な気持ちになる男性は多いようです。家族や親戚などの集まりにも、彼氏が乗り気でない場合は無理に同行させないほうがいいかもしれません。

  • 【9】出口で待っているのが気まずい「トイレ」

    「さすがにトイレはひとりで行って!」(20代男性)と、トイレにまでつき合わせる彼女には、心底ウンザリさせられる男性が多いようです。女子トイレの外で待たされる間は、人目も気になるようなので、少し離れたところで落ち合うことにして、別行動を取ったほうがいいでしょう。

あなたが彼氏に要求している行動はありませんでしたか? ほかにも、つき合わせたために彼氏にウンザリされた行動があったら教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock