「やっちゃった…?」独身の女友達を怒らせた結婚発表9パターン


自分がハッピーな状況に置かれていると、うっかり友達の気持ちを慮るのを忘れてしまうことがあります。結婚を発表するタイミングなどはその典型ではないでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『やっちゃった…?』独身の女友達を怒らせた結婚発表」をご紹介します。

  • 【1】「結婚しても友達だよ」と上から目線で念押しする

    「結婚するとそんなに偉いの?と腹が立つ」(20代女性)というように、そのタイミングで友情を確認すると、「見捨てないからね」という意味だと受け取られてしまうかもしれません。「結婚しても遊んでね」など、「下から目線」になるように言い方を工夫しましょう。

  • 【2】「これまで肩身が狭かった」と本音を言う

    「今まさに自分の肩身が狭いとは知らなかった(苦笑)」(30代女性)というように、ポロリと飛び出した本音が友達を傷つけることもあるようです。結婚が決まった途端、これまでの自虐ネタがすべて独身女性への悪口になってしまうので、発言には慎重になりましょう。

  • 【3】「やっぱり女は寿退社よね」と持論を押し付ける

    「一緒に仕事頑張ろうって言ってたのは嘘?」(20代女性)というように、結婚だけが正しい選択かのような物言いは、独身の女友達の反感を買って当然でしょう。ただし、「実はマーメイドラインのウエディングドレスを着るのが夢だったの」と告白する程度なら、問題ないのではないでしょうか。

  • 【4】「高収入なの」と彼氏のスペックを自慢する

    「条件の良さをひけらかされるとカチンとくる」(20代女性)というように、差を見せつけるかのような発言は完全に「アウト」と言えそうです。友情を大切にしたいなら「嫁姑関係が心配で…」などとマリッジブルーを強調したほうがいいかもしれません。

  • 【5】「彼氏の押しが強くて…」とのろける

    「『夫婦喧嘩しても愚痴聞いてやらないぞ』と思った」(20代女性)というように、独身女性たちの前で愛されっぷりを自慢するのは、さすがに配慮に欠けた行為と言えそうです。どうしても自慢したければ、「お願い、5分だけのろけさせて!」などと笑いで場をなごませてからにしておきましょう。

  • 【6】「ウエディングドレスは30までに着ないと」と年上を刺激する

    「年下の友達が『このまま独身だったらヤバかった』と言ったときはさすがに…」(30代女性)というように、一人でも年上の独身女性がいる場合はさらに緊張感が増すようです。自虐も自慢も地雷になると心得て、式や引越しの準備の大変さを中心に語りましょう。

  • 【7】「結婚っていいよ」と急に先輩を気取る

    「そんなに結婚のこと知らないだろ!とツッコミたかった」(20代女性)というように、よく知りもしないのに結婚を語ると「何様なの?」と思われてしまうかもしれません。一緒に暮らしはじめてわかった夫の癖など、笑えるレベルの苦労話が好まれるのではないでしょうか。

  • 【8】「自由な時間がなくなっちゃう」と思ってもいないことを言う

    「気を遣われてるのがわかると余計に傷つく」(20代女性)というように、独身時代への未練ばかり強調するのはさすがにやりすぎかもしれません。聞かれたことは誇張せず素直に答え、「新婚トラブルあるある」で笑わせるくらいがちょうどいいでしょう。

  • 【9】「あなたも頑張って」と闇雲に励ます

    「頑張れって言われても…」(20代女性)というように、何の脈絡もなく結婚への努力を促しても、友達を困惑させるだけでしょう。そこはあくまでも自分の結婚報告の場です。他人の恋愛事情に口出しするのは、いささかおせっかいではないでしょうか。

ある一定の年齢以上になると、友達の結婚が焦りの引き金になります。そのことを肝に銘じて、自慢と自虐を封印すれば、相手の複雑な心情を逆なでするような結果だけは免れるでしょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock