恋が遠のく!男性陣をドン引きさせる忘年会での飲みっぷり9パターン


いくら「年を忘れるイベント」だからといって、忘年会でハメを外しすぎるのは考え物です。たった一度のミスで職場の男性陣からの見る目が変わってしまったら、取り返しがつかないでしょう。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「恋が遠のく!男性陣をドン引きさせる忘年会での飲みっぷり」をご紹介します。

  • 【1】空気を読まずに「イッキ」を仕掛けまくる

    「今どき、イッキなんて死語だと思うんですが…」(20代男性)というように、場を盛り上げるために、無理矢理他人にお酒を飲ませようとして幻滅されるパターンです。お酒が強いなら、人に飲ませるより、無茶飲みを止めるほうに立ちましょう。

  • 【2】後輩に延々とダメ出しするなど説教を始める

    「外面いいけど、根っこは嫌な女なんだなと思いました」(30代男性)というように、酔うと説教魔になる女性も好印象とはいえないようです。「年を忘れる」というくらいなので、後輩の至らないところも忘れるようにしてあげてはいかがでしょうか。

  • 【3】大股開きのあられもない姿勢でだらしなく酔う

    「目のやり場に困るというか、あれが自分の彼女だったら嫌だなと思いました」(20代男性)というように、はしたない姿をさらして、見る人を幻滅させるケースです。お酒に飲まれることなく、最後まで周囲の視線を意識しておきたいものです。

  • 【4】「ぎゃははは」と下品に笑いながら、人の体をおばちゃんのように叩く

    「思ったより力強くて痛かったです…」(20代男性)というように、おばさんっぽいリアクションも、男性を興ざめさせてしまうようです。「ドキッ」とさせるスキンシップを目指したければ、優しく触れる程度に留めましょう。

  • 【5】ビンに口を付けてお酒をラッパ飲みする

    「オッサンかよと思いました」(20代男性)というように、豪快にラッパ飲みする姿も男性をドン引きさせてしまうようです。たとえ気心の知れた仲間ばかりの忘年会であっても、節度は保ちましょう。

  • 【6】やたらと騒ぎ、静かに飲んでいる人を「シラけるー」と責める

    「おとなしくしているだけでダメ出しされるなんて…」(20代男性)というように、控えめに飲んでいる男性を非難して、気まずいムードを招くパターンです。お酒を飲むと、とにかく楽しくなってしまう人ほど、注意したほうがいいかもしれません。

  • 【7】「私の酒、飲めないんですかー?」と言いながら下戸にも容赦なく勧める

    「一口飲むだけで気持ち悪くなる体質。毒と同じなのに」(20代男性)というように、飲めない人に強引にお酒を注ぐのもまずそうです。下戸にアルコールを勧めるのは暴力と同じであると心得ましょう。

  • 【8】「過去最高に気持ちよかったエッチは…」とディープな下ネタをガンガン話す

    「清楚系だと思っていただけにショックでした」(30代男性)というように、たとえ無礼講でも、過激すぎる下ネタは皆に衝撃を与えてしまうようです。翌年も男性の間でネタにされるのがオチなので、そそのかされても口を閉ざすのが吉でしょう。

  • 【9】お酒でスイッチが入り、いやなことを思い出してしくしく泣き出す

    「暗すぎ(笑)。こんなのと付き合ったら大変そうって思いました」(20代男性)というように、酔うと泣き上戸になる人も、迷惑極まりないようです。何か嫌なことがあって、お酒を飲んだらスイッチが入りそうな予感がする場合は、最初の一杯でやめておいたほうがよさそうです。

お酒の場が好きな人や、中途半端に飲める人が、失態を見せてしまうケースが多いようです。衝撃的な飲みっぷりというのは忘れてもらえないので、思い当たる節がある人は気を付けましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock